ホンダ、未来のクルマ好きのガレージを展示【CEATEC 2013】

2013.10.01 自動車ニュース
「シーテック ジャパン 2013」のホンダブース。
「シーテック ジャパン 2013」のホンダブース。

【CEATEC 2013】ホンダ、未来のクルマ好きのガレージを展示

本田技研工業は、千葉の幕張メッセで開催されているIT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2013(シーテック ジャパン 2013)」(一般公開日:2013年10月2日~10月5日)に出展している。

家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットを採用した、未来の家庭のガレージを表現。壁際には、バイクと同じレプソルカラーの蓄電池や貯湯タンクなどが並ぶ。
家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットを採用した、未来の家庭のガレージを表現。壁際には、バイクと同じレプソルカラーの蓄電池や貯湯タンクなどが並ぶ。
ホール7・ホール8の特設コースで行われる、「UNI-CUB」の試乗の様子。
ホール7・ホール8の特設コースで行われる、「UNI-CUB」の試乗の様子。

今回のホンダの出展テーマは「家にもエンジンを」「屋内にもモビリティーを」「つながるクルマを」というもので、ブースの一角を「未来のクルマ好きのガレージ」に見立て、スマートホーム事業や現在開発中のITサービスなどを紹介している。

同社のスマートホームシステム「HSHS(Hondaスマートホームシステム)」は、発電にガスエンジンを使い、その排熱を給湯などに利用する家庭用ガスエンジン・コージェネレーションユニットを採用。エネルギー効率は92%を実現しているという。
ブースではこのシステムを説明するため、発電ユニットをバイクに、排熱を利用した給湯システムを巨大なやかんに見立てた模型を展示。エンジンを回すとやかんが湯気を立てるというデモンストレーションで、来場者の注目を集めていた。

ホンダはこのほかにも、クルマの車内から家電を操作するデモンストレーションや、屋内移動用のパーソナルモビリティー「UNI-CUB」、歩行アシスト装置の「体重支持型歩行アシスト」などの展示を実施。走行デモ&試乗エリアでは「UNI-CUB」の試乗も行っている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。