マツダ、新型「アクセラ」の新技術を公開【CEATEC 2013】

2013.10.02 自動車ニュース
「CEATEC JAPAN 2013」のマツダブース。
「CEATEC JAPAN  2013」のマツダブース。

【CEATEC 2013】マツダ、新型「アクセラ」の新技術を公開

マツダは千葉の幕張メッセで開催されているIT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2013(シーテック ジャパン 2013)」(一般公開日:2013年10月2日~10月5日)において、新型「アクセラ」に投入予定の新技術を紹介している。

「マツダ コネクト」は、日本仕様の車載機器として、初めてインターネットラジオに対応している点も特徴。サービスプロバイダーには世界4万局以上のウェブコンテンツを提供する「aha by HARMAN」を採用している。今のところ、日本国内のコンテンツは多くないが、担当者いわく「今後の充実に期待してください」とのことだった。
「マツダ コネクト」は、日本仕様の車載機器として、初めてインターネットラジオに対応している点も特徴。サービスプロバイダーには世界4万局以上のウェブコンテンツを提供する「aha by HARMAN」を採用している。今のところ、日本国内のコンテンツは多くないが、担当者いわく「今後の充実に期待してください」とのことだった。
新型「マツダ・アクセラ」のインパネを利用した、「ヘッズアップ コックピット」説明用の模型。
新型「マツダ・アクセラ」のインパネを利用した、「ヘッズアップ コックピット」説明用の模型。
「マツダ・アテンザ」などが採用している安全運転支援システム「i-アクティブセンス」のセンサー。
「マツダ・アテンザ」などが採用している安全運転支援システム「i-アクティブセンス」のセンサー。

そのひとつが、スマートフォンなどのモバイル機器を介してドライバーにさまざまな情報やサービスを提供する「Mazda Connect(マツダ コネクト)」だ。最大の特徴は、システムの核となる「コネクティビティマスターユニット」の、ソフトウエアのアップデートが可能なこと。従来の機器のようにハードウエアそのものを交換しなくとも、ソフトの更新により、新しいメディアやサービスを利用することが可能となる。
もうひとつの特徴がシステムのモジュール化で、これにより、ナビ用SDカードを差せばカーナビが利用できるなど、さまざまな機能に柔軟に対応できるという。

また、新型アクセラのインテリアを設置して、新設計のヒューマンマシンインターフェイス「HEADS-UP COCKPIT(ヘッズアップ コックピット)」も紹介している。

ヘッズアップ コックピットは、ドライバーの不注意による交通事故の予防を目的に開発したもので、メータ―ナセルの先には、車速や「ターンバイターン」(カーナビによる右左折の指示)などを表示するアクティブドライビングディスプレイを採用している。また、インパネの中央には7インチワイドVGAセンターディスプレイを装備しており、より分かりやすい文字のアイコンやサイズ、行間、行数なども追及。コントローラーには、ボタンなどを直接確認しなくても操作ができるよう配慮したという、ダイヤル式の「コマンダースイッチ」を採用している。

このほかにも、マツダのブースでは安全運転支援システム「i-ACTIVSENSE(アクティブセンス)」や、路面電車との通信により接触事故を未然に防ぐシステムなどが紹介されている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。