第205回:動き出したジャガー
コンセプトカー「C-X17」が示すものとは?

2013.10.02 エッセイ
ジャガーのイアン・カラム氏とコンセプトカーの「C-X17」。
ジャガーのイアン・カラム氏とコンセプトカーの「C-X17」。

ジャガーは2013年のフランクフルトショーで、クロスオーバー車のコンセプトカー「C-X17」を披露した。このモデルにはiQ[AI]と名付けられた最新のアルミニウムモノコックが用いられており、それを使った量産車がまずは2015年、C/Dセグメントのセダンとして登場するという。ジャガーのデザイン・ディレクターであるイアン・カラム氏と、グローバル・ブランド・ディレクターのエイドリアン・ホールマーク氏に、C-X17が示す同社の将来について聞いた。

C-X17ではシンプルかつ動きがあるデザインを意識した、とカラム氏。
C-X17ではシンプルかつ動きがあるデザインを意識した、とカラム氏。
 
第205回:動き出したジャガーコンセプトカー「C-X17」が示すものとは?の画像

50年後でも美しいものを描く

今年のフランクフルトモーターショー、ジャガー・ブースの主役はコンセプトカー「C-X17」であった。このブランド初のクロスオーバーとなるこのクルマは決して現実離れしたものではなく、それこそ2011年の同ショーでお披露目され、「Fタイプ」として結実した「C-X16」にも近いリアリティーを醸し出していたように思う。

このクルマについて聞いたのは、ジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏。複雑な面と線が交錯する最近の自動車デザインのトレンドに、氏は異を唱えたいようだった。

「意識したのは、シンプルであるということです。それでいて、かつ動きがあるということ。クロスオーバーらしい機能性をベースに、Fタイプにも通じる静止していてもエキサイティングに見せることを強く意識しています」

クロスオーバーでもジャガーに見える。ジャガーらしく、かつ新しい。こうした絶妙なデザインは、一体どうやって描かれるのか。

「ディテールについては時代性も意識します。例えばヘッドランプ、ホイール、ミラーなどの部分ですね。だけどプロポーションにはトレンドは持ち込みません。50年後にも美しく感じられるものをというつもりで描くのです。1948年に生まれた『XK120』は、今見ても美しい。それこそが規律です」

カラム氏は、「セダンでもクロスオーバーでも、ジャガーの求めるビジュアルの具現という意味では変わりはないのです」と締めくくった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fペースの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る