メルセデス・ベンツE250カブリオレ(FR/7AT)

優雅な気分で爽やかに 2013.10.14 試乗記 「Eクラス」のマイナーチェンジに合わせて追加されたエントリーグレード「E250カブリオレ」。少し身近になった“Eのオープン”は、どんな走りを見せたのか?

待望の右ハンドル

夏の厳しい暑さも一段落し、吹き抜ける風が心地よくなってくると、いつもの病気が再発する。"オープンカーほしい病"だ。秋や春は言うまでもなく、実は冬もオープンカーを楽しむには格好の季節。これからの3シーズンをどんなオープンカーで過ごそうか……そんな妄想で、仕事が手に付かなくなるという困った病だ。

当然、ニューモデルには敏感になるのだが、中でもこの8月にフェイスリフトした「Eクラスカブリオレ」は要注目の一台。というのも、新たにエントリーグレードが追加され、ぐっと身近な存在になったからだ。

現行のEクラスカブリオレは2010年4月に日本で販売が開始されているが、基本的には3.5リッターV6エンジンを積む「E350カブリオレ」だけのグレード展開で、価格は約900万円から。そのうえ左ハンドルしか選べなかった。

それが、今回のフェイスリフトを機に、700万円を切る右ハンドル仕様が追加になったのだ。試乗した「E250カブリオレ」がまさにその新グレード。2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンを積むのが特徴である。ひとあし先にマイナーチェンジした「Eクラスセダン/ステーションワゴン」にも搭載されているこの2リッター"BlueDIRECT"ターボは、「世界で初めて成層燃焼リーンバーンとターボチャージャー、排ガス再循環装置(EGR)の組み合わせを実現した」とメルセデスがうたう自慢のエンジンで、最高出力211psと最大トルク350Nm(35.7kgm)を誇りながら、7段オートマチックと組み合わされて15.5km/リッターの低燃費を達成している。

もちろん、パワートレイン以外にも注目すべき点が多く、セダン/ステーションワゴンと同様、フロントマスクを精悍(せいかん)に彩るフルLEDヘッドライトを採用。自動緊急ブレーキやリアCPA(被害軽減ブレーキ付き後方衝突警告システム)などを含む「レーダーセーフティパッケージ」を標準装着しているのも見逃せない。

「E250カブリオレ」は、マイナーチェンジを機に「Eクラスカブリオレ」に設定された新グレード。同車の現行モデルでは初の4気筒エンジン搭載車となる。
「E250カブリオレ」は、マイナーチェンジを機に「Eクラスカブリオレ」に設定された新グレード。同車の現行モデルでは初の4気筒エンジン搭載車となる。
「E250カブリオレ」は、右ハンドル仕様となるのがうれしい。ステレオカメラとミリ波レーダーを利用した安全運転支援システムなど、装備も充実している。
「E250カブリオレ」は、右ハンドル仕様となるのがうれしい。ステレオカメラとミリ波レーダーを利用した安全運転支援システムなど、装備も充実している。
標準仕様のシートはファブリックと合成皮革のコンビタイプ。写真の本革シートは前席シートヒーター付きで、26万円のオプション装備だ。
標準仕様のシートはファブリックと合成皮革のコンビタイプ。写真の本革シートは前席シートヒーター付きで、26万円のオプション装備だ。
後席は完全な独立2座式。分割可倒機構はないが、アームレストスルーは備わっている。
後席は完全な独立2座式。分割可倒機構はないが、アームレストスルーは備わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る