両側スライドドアの新「ダイハツ・タント」登場

2013.10.03 自動車ニュース
「ダイハツ・タントX“SA”」
「ダイハツ・タントX“SA”」

両側スライドドア採用の新型「ダイハツ・タント」登場

ダイハツ工業は2013年10月3日、トールワゴンタイプの軽乗用車「タント」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。

「タントX」のインパネまわり。
「タントX」のインパネまわり。
「タントカスタムRS」
「タントカスタムRS」

ダイハツ・タントは、1.7mを超える車高と2ボックススタイルのボディーによる、広々とした車内空間が特徴の軽乗用車として2003年に登場。2007年には「ミラクルオープンドア」と呼ばれる助手席側ピラーレスドアを備えた2代目にフルモデルチェンジしている。

今回発表された3代目では、初代、2代目と受け継いできた車内空間の広さや使い勝手の良さをさらに進化させるとともに、「ミラ イース」などで培った低燃費化技術の投入による燃費性能の改善や、安全運転支援システム「スマートアシスト」の設定などによる予防安全性能の向上をはかっている。

「タントX」の車内空間。
「タントX」の車内空間。
助手席側の「ミラクルオープンドア」。
助手席側の「ミラクルオープンドア」。
「助手席シートバックレバー」。右ショルダーのレバーはリクライニング、シートバックのレバーはスライド用。
「助手席シートバックレバー」。右ショルダーのレバーはリクライニング、シートバックのレバーはスライド用。

■リアドアを両側スライド式に変更

ユーティリティーについては、2代目の特徴だった助手席側ピラーレスドアを継承するとともに、これまでヒンジ式だった運転席側のリアドアをスライド式に変更。上級グレードの「G」「G“SA”」「カスタムRS」「カスタムRS“SA”」では、両側パワースライドドアを標準装備とした。

室内の使い勝手も向上しており、運転席や後席などから助手席のスライドおよびリクライニング操作が可能な「助手席シートバックレバー」を採用したほか、助手席のスライド量も380mmと、従来モデルより100mm拡張。後席下部の張り出しをなくしたことで、A型ベビーカーをたたまずに積みこむことが可能となった。

このほかにも、乗降性に配慮して助手席左上に乗降グリップを装備したほか、後席には強い日差しをさえぎる格納式リアドアサンシェードを新たに採用している。

また、タントの特徴である車内空間の広さも追求しており、前後席間の距離は軽乗用車トップの112cmを実現した。さらに「ユーザーが乗った時に広さを感じるポイント」として、ヘッダー距離(ルーフ前端からドライバーの頭部までの距離)やヘッドクリアランスなども重視。前者は従来モデルより12cm長い87cm、後者は同じく2cm長い23cm(前席)と、こちらも軽乗用車トップの数値となっている。

ボディーCd値はセダン型軽乗用車である「ダイハツ・ミラ」並みに抑えられている。
ボディーCd値はセダン型軽乗用車である「ダイハツ・ミラ」並みに抑えられている。
軽量化と歩行者保護の目的から、ボディーパネルの一部には、新たに樹脂パネルを採用している。
軽量化と歩行者保護の目的から、ボディーパネルの一部には、新たに樹脂パネルを採用している。
「カスタムRS」に搭載されるターボエンジン。
「カスタムRS」に搭載されるターボエンジン。

■燃費は最高で28.0km/リッターを実現

燃費性能についても、ボディーの設計を一から見直すことで大幅な向上を実現したという。
特に空力性能については、Aピラー形状の工夫やルーフスポイラー一体型バックドアの採用などにより、空気抵抗を従来モデルから約10%低減している。軽量化も重視しており、ボディーパネルではボンネットやフロントフェンダー、テールゲートに樹脂パーツを用いることで、鉄製パーツの採用時と比べて10kgほど重量を軽減。フレーム構造の見直しや高張力鋼板の多用などとも相まって、両側スライドドアの採用等による重量増にもかかわらず、車両重量は従来モデルとほぼ同等に抑えた。

これらの改良により、新型タントの自然吸気エンジン搭載グレードは、FF車で28.0km/リッター、4WD車で25.8km/リッター(エントリーグレードの「L」は27.0km/リッター)の燃費性能を実現した。
またターボエンジンもDVVT(可変バルブタイミング機構)とCVTサーモコントローラーの採用、圧縮比の向上(9.0→9.5)などにより、FF車で26.0km/リッター、4WD車で24.6km/リッターを実現(ともにJC08モード)。これにより、新型タントは全ての仕様がエコカー減税の免税対象車となった。

一方で、ロール剛性の向上によってコーナリング時のふらつきを抑制するなど、燃費以外の運動性能も改善。CVTには登坂路で高いエンジン回転数を維持する「登坂変速制御」を新たに採用した。このほかにも、排気管の容量アップやフロントバルクヘッドの構造変更などにより、静粛性も向上しているという。

「ムーヴ」から導入が進められている安全運転支援システムの「スマートアシスト」。「タント」に採用されるのは今回が初となる。
「ムーヴ」から導入が進められている安全運転支援システムの「スマートアシスト」。「タント」に採用されるのは今回が初となる。
リアアンダーミラー
リアアンダーミラー

■タントにもスマートアシストを設定

新型タントは、従来モデルから安全装備も大幅に強化。エマージェンシーストップシグナルを全車標準装備としたほか、「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」「誤発進抑制制御機能」「先行車発進お知らせ機能」と、「VDC(横滑り防止装置)&TRC(トラクションコントロール)」をセットにした「スマートアシスト」を、全グレードに設定した。さらに「カスタム」の全車に運転席/助手席サイドエアバッグを標準装備。上級グレードの「G」「カスタムRS」には、カーテンシールドエアバッグもオプションで用意している。

またガラス面積を大きく設計するなど、ドライバーの視界確保にも配慮しており、助手席側のドアミラーにサイドアンダーミラーを追加したほか、天井の後端にはリアアンダーミラーを採用した。

「タントL」
「タントL」
「タントカスタムRS“SA”」
「タントカスタムRS“SA”」

価格とラインナップは以下の通り。

タント
・L:117万円(FF)/129万1000円(4WD)
・L“SA”:122万円(FF)/134万1000円(4WD)
・X:130万円(FF)/142万1000円(4WD)
・X“SA”:135万円(FF)/147万1000円(4WD)
・G:141万円(FF)/153万1000円(4WD)
・G“SA”:146万円(FF)/158万1000円(4WD)

タントカスタム
・X:147万円(FF)/159万1000円(4WD)
・X“SA”:152万円(FF)/164万1000円(4WD)
・RS:158万円(FF)/170万1000円(4WD)
・RS“SA”:163万円(FF)/175万1000円(4WD)

(webCG 堀田)
 

関連キーワード:
タントタントカスタムダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツが「ムーヴ キャンバス」にスマートアシストIIIを搭載 2017.9.11 自動車ニュース ダイハツ工業は2017年9月11日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良では、衝突回避支援システムを従来の「スマートアシストII」から最新の「スマートアシストIII」へと変更した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る