クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)

こだわりのセミオープン 2013.10.06 試乗記 シトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」に、セミオープンの「DS3カブリオ」が登場。ボディーの随所に散りばめられた、ダブルシェブロンの魅力とアイデンティティーに触れた。

いいとこ取りのボディー形状

東名高速道路を走りながら、頭上のスイッチを押して、ソフトトップを開け閉めする。
言葉で表しただけでは「ふーん」のひとことでスルーされてしまいそうだが、実はこのフレーズが当てはまるクルマはそれほど多くない。一般的にオープンカーと呼ばれるフルオープンのクルマの屋根は、停車中か、動いていても低速でないと開閉できないからだ。
シトロエンDS3カブリオのルーフが高速道路でも気兼ねなく操作できるのは、写真で分かるように、サイドパネルはそのままで、ルーフとリアウィンドウだけが開く、いわゆるセミオープンだから。おかげでソフトトップの開閉は120km/hまで可能。つまり日本の法定速度内なら、いつでも開け閉めできる。

クルマ好きの多くは、フルオープンに憧れる。でも僕はその気持ちを理解しつつ、セミオープンでもいいと思うひとりだ。フルオープンのクルマは1台しか持ったことがないけれど、キャンバストップや開閉式ガラスルーフなど、セミオープンと呼べる車種は、現在の愛車を含めて3台所有経験がある。
取材でフルオープンのクルマに乗ったあと、自分のセミオープンに乗り換えても、大きく開放感が劣るとは思えない。前を向いて運転している限り、ドアフレームやリアウィンドウの有無はあまり気にならないからだ。

それよりも異常気象がめっきり増えた昨今は、高速道路でもサッと開け閉めできる適応能力がありがたいし、たたんだトップをしまう大きな空間が不要なので室内空間が犠牲にならず、ボディーの補強がほとんど必要ないので重量増による走りへの悪影響がないなど、美点も多いのである。たしかに注目度はイマイチだが、僕は人から注目されるためにクルマに乗るわけじゃないので、現状でかまわない。 

でもシトロエンがセミオープンを選んだ理由は、これ以外にもあった。

電動で開口するソフトトップは、ボタンを押し続けていると、ルーフ部分のみがオープンとなる「セミオープン」の位置で停止。そこでもう一度ボタンを押すと、リアウィンドウの部分まで折りたたまれる。
電動で開口するソフトトップは、ボタンを押し続けていると、ルーフ部分のみがオープンとなる「セミオープン」の位置で停止。そこでもう一度ボタンを押すと、リアウィンドウの部分まで折りたたまれる。
    拡大

インテリアは基本的にクローズドボディーの「DS3」と共通。ダッシュボードには「ブルー アンフィニ」「グリ ムーンダスト」「カーボテック」の3種類のデザインが用意される。


    インテリアは基本的にクローズドボディーの「DS3」と共通。ダッシュボードには「ブルー アンフィニ」「グリ ムーンダスト」「カーボテック」の3種類のデザインが用意される。
    拡大
室内灯のパネルに備わるソフトトップの操作スイッチ。開閉はこのボタンを押すだけで可能だが、ウインドディフレクターを起こす作業は手動となる。
室内灯のパネルに備わるソフトトップの操作スイッチ。開閉はこのボタンを押すだけで可能だが、ウインドディフレクターを起こす作業は手動となる。
    拡大
ソフトトップの色は、「ブラック」と「ブルー アンフィニ」、それに「DSモノグラム」と呼ばれる模様入りのベージュの3種類。生地はアクリル、ゴム、ポリエステルの3層構造にアクリル織りの裏地を加えたもので、高い質感と十分な耐久性を備えている。
ソフトトップの色は、「ブラック」と「ブルー アンフィニ」、それに「DSモノグラム」と呼ばれる模様入りのベージュの3種類。生地はアクリル、ゴム、ポリエステルの3層構造にアクリル織りの裏地を加えたもので、高い質感と十分な耐久性を備えている。
    拡大

随所に感じるアイデンティティー

理由のひとつはデザインだ。「シトロエンDS3」のスタイリングは、シャークフィンを連想させるとがったBピラーと、そこからフワッと浮遊した色違いのフローティングルーフが特徴。フルオープンにすると、これらが消滅してしまう。アイデンティティーを残すためのセミオープンなのだった。

アイデンティティーといえばもうひとつ、ヘリテージ性もある。第2次世界大戦後のシトロエンでフルオープンの量産車は、僕の記憶では「DS」のコンバーチブルと「メアリ」ぐらい。一方セミオープンは「2CV」「ディアーヌ」「ヴィザ カブリオレ」「C3プルリエル」と4台もある。シトロエンのオープンはこちらが正装といえるかもしれない。

もちろんボディーの基本骨格はハッチバックと共通。でも開放感は予想以上に得られる。ソフトトップの前端をかなり前に追い込んでいるので、身長170cmの僕がドライビングポジションを取った状態で、ごく自然に空が拝めるのだ。DS3のウインドスクリーンの傾斜がそれほど強くなかったことに、いまとなっては感謝である。

トップはスイッチを一押しすると上面だけ開き、もう一押しでリアウィンドウもたたまれる。閉める時は逆だが、全閉の少し前で一度止まり、スイッチをもう一度押しなおさないと動かない安全重視の設計だ。全開の状態で後方視界が限られるのは、似たような構造の「フィアット500C」に近いけれど、あとに述べる理由で、全開にもしたくなる。

後席の作りもハッチバックと同じ。このクラスのオープンモデルでは唯一の5シーターである。荷室は開口部こそ狭いものの、中は230リッターとけっこう広い。それ以上に目を引くのは、トランクリッドが上にスライドするように開くこと。おまけに両脇のリアコンビランプは光の輪が浮かび上がるように点灯する。シトロエンらしい驚きは健在だ。

ボディーカラーは「ブラン バンキーズ」(白)と「ノアール ペルラネラ」(黒)、「ルージュ ルビ」(赤)、「ジョーヌ ペガス」(黄)の全4色。ソフトトップは、ボディーカラーが赤か黄の場合は「ブラック」のみ、白か黒の場合は「ブルー アンフィニ」と「DSモノグラム」のいずれかを選ぶことができる。
ボディーカラーは「ブラン バンキーズ」(白)と「ノアール ペルラネラ」(黒)、「ルージュ ルビ」(赤)、「ジョーヌ ペガス」(黄)の全4色。ソフトトップは、ボディーカラーが赤か黄の場合は「ブラック」のみ、白か黒の場合は「ブルー アンフィニ」と「DSモノグラム」のいずれかを選ぶことができる。
    拡大
シート表皮には標準でレザーを採用。色は、ボディーカラーが赤か黄の場合は「ミストラル」のみだが、そのほかの場合は「ブルー」も選ぶことができる。
シート表皮には標準でレザーを採用。色は、ボディーカラーが赤か黄の場合は「ミストラル」のみだが、そのほかの場合は「ブルー」も選ぶことができる。
    拡大
トランクリッドは複雑なリンケージにより、上方にスライドして開く。ルーフが全開状態の場合にトランクを開けようとすると、リッドが干渉しないよう、ルーフが写真の位置まで自動で閉じる仕組みだ。
トランクリッドは複雑なリンケージにより、上方にスライドして開く。ルーフが全開状態の場合にトランクを開けようとすると、リッドが干渉しないよう、ルーフが写真の位置まで自動で閉じる仕組みだ。
    拡大
トランクルームの広さは230リッター。リアシートは4:6の分割可倒式となっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
トランクルームの広さは230リッター。リアシートは4:6の分割可倒式となっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
    拡大
LEDのリングが奥まで連なっているように見えるテールランプのデザインは、実は鏡の反射を使ったギミック。センスとアイデアの勝利だ。
LEDのリングが奥まで連なっているように見えるテールランプのデザインは、実は鏡の反射を使ったギミック。センスとアイデアの勝利だ。
    拡大

失ったものはなにもない

日本仕様は「スポーツシック」のモノグレードで、同じ名前のハッチバックと共通の1.6リッター直列4気筒ターボと3ペダル6段MTを積む。

さすがセミオープン、1210kgの車両重量はハッチバックより20kgしか重くない。おかげで加速は俊敏なまま。しかも排気音が心地いい。これもハッチバックと同じはずだから、「音の良さに気付く」と言うべきか。だからリアウィンドウまで開け放って、その快音をダイレクトに味わいたくなってしまう。

風の巻き込みは、前席にいる限りは開け方によらず同レベルで、高速道路でも後方から空気が流れてくることを意識する程度。気になる人はウインドスクリーン上のディフレクターをポップアップすれば、流入はほぼシャットアウトされる。

DS3のハンドリングはシトロエンという名前から連想する癖の強さとは無縁で、今日のコンパクトカーとして模範的なマナーを備えている。カブリオも同じだ。ボディー剛性が低下した気配はなく、ステアリングは自然な反応を示し、サスペンションはロールを抑えつつしっとり接地して、優しさの上に立った楽しさを味わわせる。
一方の乗り心地は、ハッチバックを上回ってさえいると感じた。同じシトロエンの「C3」と並んで、 このクラスではもっとも快適な一台に数えられるだろう。
実はDS3カブリオ、ハッチバックからの重量増のうち、ルーフ関連は約半分で、残りは荷室まわりの補強と、床下に装着したバランスウェイトによるものだ。そこまでしてハッチバックと同じ走りを目指した結果が、素晴らしい乗り心地を生んだのかもしれない。快適性にこだわるシトロエンの伝統は、このクルマにも受け継がれていた。

それを含めてDS3カブリオ、フルオープンのクルマのように、何かを諦める必要はない。ホットハッチに匹敵する走りの楽しさと、シトロエンの名に恥じない快適性と、オープンエアの気持ち良さと、ハッチバックに匹敵する実用性が、コンパクトなボディーに凝縮している。しかもシトロエンらしい粋(いき)が、各所に散りばめてある。ハイドロへのこだわりと同じ匂いを、セミオープンというスタイルから感じるのだ。

(文=森口将之/写真=向後一宏)

高速道路を行く「DS3カブリオ」。オープン時には、ソフトトップは車体後方に張り出すようにして折りたたまれる。
高速道路を行く「DS3カブリオ」。オープン時には、ソフトトップは車体後方に張り出すようにして折りたたまれる。
    拡大
エンジンは、ミニやプジョーにも採用される1.6リッター直4ターボ。156psの最高出力と、24.5kgmの最大トルクを発生する。
エンジンは、ミニやプジョーにも採用される1.6リッター直4ターボ。156psの最高出力と、24.5kgmの最大トルクを発生する。 拡大
シフトノブの色は、全7色の中から選択が可能。トランスミッションは6段MTのみで、クローズドボディーの「DS3」のように、自然吸気のATモデルはラインナップしていない。
シフトノブの色は、全7色の中から選択が可能。トランスミッションは6段MTのみで、クローズドボディーの「DS3」のように、自然吸気のATモデルはラインナップしていない。
    拡大
足元は、クローズドボディーの「DS3スポーツシック」と同じく、ツートンの17インチアルミホイールに205/45R17サイズのタイヤの組み合わせ。
足元は、クローズドボディーの「DS3スポーツシック」と同じく、ツートンの17インチアルミホイールに205/45R17サイズのタイヤの組み合わせ。
    拡大

シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

シトロエンDS3カブリオ スポーツシック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3965×1715×1460mm
ホイールベース:2455mm
車重:1210kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ
トランスミッション:6MT
最高出力:156ps(115kW)/6000rpm
最大トルク:24.5kgm(240Nm)/1400-3500rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88V/(後)205/45R17 88V(ブリヂストン・ポテンザRE050A)
燃費:13.6km/リッター(JC08モード)
価格:311万円/テスト車=311万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

 

シトロエンDS3カブリオ スポーツシック
シトロエンDS3カブリオ スポーツシック
    拡大

シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
DS3シトロエン試乗記

あなたにおすすめの記事