シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)

こだわりのセミオープン 2013.10.06 試乗記 シトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」に、セミオープンの「DS3カブリオ」が登場。ボディーの随所に散りばめられた、ダブルシェブロンの魅力とアイデンティティーに触れた。

いいとこ取りのボディー形状

東名高速道路を走りながら、頭上のスイッチを押して、ソフトトップを開け閉めする。
言葉で表しただけでは「ふーん」のひとことでスルーされてしまいそうだが、実はこのフレーズが当てはまるクルマはそれほど多くない。一般的にオープンカーと呼ばれるフルオープンのクルマの屋根は、停車中か、動いていても低速でないと開閉できないからだ。
シトロエンDS3カブリオのルーフが高速道路でも気兼ねなく操作できるのは、写真で分かるように、サイドパネルはそのままで、ルーフとリアウィンドウだけが開く、いわゆるセミオープンだから。おかげでソフトトップの開閉は120km/hまで可能。つまり日本の法定速度内なら、いつでも開け閉めできる。

クルマ好きの多くは、フルオープンに憧れる。でも僕はその気持ちを理解しつつ、セミオープンでもいいと思うひとりだ。フルオープンのクルマは1台しか持ったことがないけれど、キャンバストップや開閉式ガラスルーフなど、セミオープンと呼べる車種は、現在の愛車を含めて3台所有経験がある。
取材でフルオープンのクルマに乗ったあと、自分のセミオープンに乗り換えても、大きく開放感が劣るとは思えない。前を向いて運転している限り、ドアフレームやリアウィンドウの有無はあまり気にならないからだ。

それよりも異常気象がめっきり増えた昨今は、高速道路でもサッと開け閉めできる適応能力がありがたいし、たたんだトップをしまう大きな空間が不要なので室内空間が犠牲にならず、ボディーの補強がほとんど必要ないので重量増による走りへの悪影響がないなど、美点も多いのである。たしかに注目度はイマイチだが、僕は人から注目されるためにクルマに乗るわけじゃないので、現状でかまわない。 

でもシトロエンがセミオープンを選んだ理由は、これ以外にもあった。

電動で開口するソフトトップは、ボタンを押し続けていると、ルーフ部分のみがオープンとなる「セミオープン」の位置で停止。そこでもう一度ボタンを押すと、リアウィンドウの部分まで折りたたまれる。

インテリアは基本的にクローズドボディーの「DS3」と共通。ダッシュボードには「ブルー アンフィニ」「グリ ムーンダスト」「カーボテック」の3種類のデザインが用意される。

室内灯のパネルに備わるソフトトップの操作スイッチ。開閉はこのボタンを押すだけで可能だが、ウインドディフレクターを起こす作業は手動となる。
ソフトトップの色は、「ブラック」と「ブルー アンフィニ」、それに「DSモノグラム」と呼ばれる模様入りのベージュの3種類。生地はアクリル、ゴム、ポリエステルの3層構造にアクリル織りの裏地を加えたもので、高い質感と十分な耐久性を備えている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る