第316回:自動車ブランドの腕時計がにぎやかムード

2013.10.04 エッセイ

最初はアクセサリーの“おかず”だった

サムソン電子の腕時計型端末「ギャラクシーギア」は、ヨーロッパでも話題になっている。イタリアでの価格は、299ユーロ(約3万9000円)である。
近年スマートフォンの普及で、腕時計を持たないイタリア人が増えた。いっぽうで彼らは、欧州屈指の通話&メッセージ好きである。だから、ウェアラブル端末にブームの火がつくか否か、ボクは興味津々で見守っているところだ。

時計といえば、自動車ブランドのリストウオッチがある。ボクの経験では1990年代初めまで、その多くはディーラーの片隅のショーケースに他の自動車アクセサリーと一緒に並べられ、いわば「おかず」的に販売されていた。ブランドのロゴは入っていたものの、品物の大半はABS樹脂ボディーにダイレクトにムーブメントをはめこんだ、スウォッチに限りなく近いものだった。ディーラーに仲のいいセールスがいたりすると、「これ、差し上げます」などと進呈されてしまう程度の扱いだった。

そういえば、フランス地方都市のフェラーリディーラーで、跳ね馬マークの入ったスウォッチ風時計を頂戴したことがあった。その販売店で独自に作ったものだった。実物はその後誰かにあげてしまったが、メーカーの商標コントロールが厳密になる以前の、のどかな時代の話である。

そうしたお土産ムードを脱したのは、個人的には1993年に初代「ルノー・トゥインゴ」が発売されたときに同時発売されたファッション時計だったと思う。時計のボディーこそ依然スウォッチ風だったが、実車のイメージやカラーに似せたポップな色使いで、独立した商品として十分存在感があった。当時東京に住んでいたボクは、パリに行った知人に買ってきてもらったものだ。

その後自動車ブランドのリストウオッチがおもちゃ風から完全に卒業したのは、1990年代後半にドイツ系高級車ブランドが、相次いで「コレクション」と銘打ったファッション&アクセサリーを展開するようになり、腕時計も1アイテムとして加えられたためだった。

ボクが知る編集者は、「本当にプレミアムカーにふさわしい生活をしている人が、あの程度のリストウオッチで満足するはずがない」と辛口の評価を下す。しかし、熱心なファンには十分に訴求力があり、いつかそのブランドを手に入れたいと憧れるカスタマー予備軍にとっても、良い励みになるとボクは思う。

ウェアラブル端末時代の“のろし”役となったサムスン「ギャラクシーギア」。

フランクフルトショーで公開された「NISMO CONCEPT WATCH」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。