トヨタが「アイシス」を改良、黒と白の特別車も

2013.10.02 自動車ニュース
特別仕様車「トヨタ・アイシス プラタナ“V-SELECTION・Noir”(V-セレクション ノワール)」
特別仕様車「トヨタ・アイシス プラタナ“V-SELECTION・Noir”(V-セレクション ノワール)」

トヨタが「アイシス」を一部改良、黒と白の特別仕様車も

トヨタ自動車は2013年10月2日、ミニバン「アイシス」に一部改良を実施。同時に特別仕様車「プラタナ“V-SELECTION・Noir”(V-セレクション ノワール)」「プラタナ“V-SELECTION・Blanc”(V-セレクション ブラン)」を設定し、販売を開始した。

「アイシス プラタナ“V-SELECTION・Blanc”(V-セレクション ブラン)」
「アイシス プラタナ“V-SELECTION・Blanc”(V-セレクション ブラン)」

今回の改良では、全車にVSC(横滑り防止装置)&TRC(トラクションコントロール)を標準装備としたほか、インテリアの一部のデザインを変更。具体的には、シート表皮にブルーのアクセントを織り込んだジャージを採用したほか、スポーツオプティトロンメーターの色をディープブルーに、センターパネルとドアトリムの加飾をサイバーカーボン調のブルーに変更した。

ボディーカラーは新設定の「ダークブラウンマイカメタリック」を含む、全8色をラインナップしている。

また、今回の特別仕様車、プラタナ“V-セレクション ノワール”とプラタナ“V-セレクション ブラン”は、最上級グレードの「プラタナ“V-セレクション”」をベースに、専用の内外装を採用したものである。

ボディーカラーはブラックとホワイトパールクリスタルシャインの2色で、それぞれの色に合わせてインテリアもコーディネート。両側パワースライドドア(イージークローザー、挟み込み防止機能付き)や電動格納式リモコンカラードドアミラー(サイドターンランプ付き)などを標準で装備している。

価格はアイシスの標準モデルが192万円~248万5000円。特別仕様車のプラタナ“V-セレクション ノワール”とプラタナ“V-セレクション ブラン”は、1.8リッターのFF車が234万円、1.8リッターの4WD車が258万円、2リッターのFF車が251万5000円となっている。

 

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る