三菱の新型軽、車名が「eKスペース」に決定

2013.10.03 自動車ニュース
「三菱eKスペース」
「三菱eKスペース」 拡大

三菱の新型軽乗用車、車名が「eKスペース」に決定

三菱自動車は2013年10月3日、2014年初頭の発売を予定しているスーパーハイトワゴンタイプの新型軽乗用車について、「eKスペース」という車名を発表。同時に、内外装のデザインを公開した。

 
三菱の新型軽、車名が「eKスペース」に決定の画像 拡大
 
三菱の新型軽、車名が「eKスペース」に決定の画像 拡大
「eKスペース カスタム」
「eKスペース カスタム」 拡大

三菱eKスペースは、2013年6月に発売された「eKワゴン」に続く、日産と三菱の合弁会社NMKVが企画・開発した軽自動車の第2弾である。同日公開された「日産デイズ ルークス」の姉妹モデルにあたる。

三菱は同車について、「eKワゴンで好評を得ている上質感はそのままに、スーパーハイトワゴンとして高く広い居住空間を実現した」としている。装備については、ワンタッチ電動スライドドアや、99%UVカットガラス、タッチパネルオートエアコンなどの採用を予定しており、車内全体の空気を循環させるリアサーキュレーターの搭載により、後席の快適性も向上しているという。

なお、eKスペースと同車のドレスアップモデルである「eKスペース カスタム」は、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)に参考出品される予定だ。

(webCG)
 

関連キーワード:
eKスペースeKスペース カスタム三菱東京モーターショー2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
ホームへ戻る