第207回:テーマはモダンラグジュアリー
メルセデス・ベンツのチーフデザイナーが語る新型「Sクラス」の見どころ

2013.10.09 エディターから一言
新型「Sクラス」の発表会は東京・晴海に停泊する豪華客船「日本丸」の船内で行われた。
新型「Sクラス」の発表会は東京・晴海に停泊する豪華客船「日本丸」の船内で行われた。 拡大

「メルセデス・ベンツSクラス」の日本での販売が開始されるにあたり、メルセデス・ベンツのチーフデザイナー、ゴードン・ワグナー氏が来日した。ニューモデル発表会の後に行われたグループインタビューでは、新型Sクラスのデザインだけでなく、メルセデス・ベンツ全体のデザインにまで話が広がった。

チーフデザイナーのゴードン・ワグナー氏。
チーフデザイナーのゴードン・ワグナー氏。 拡大
 
第207回:テーマはモダンラグジュアリーメルセデス・ベンツのチーフデザイナーが語る新型「Sクラス」の見どころの画像 拡大

いかに削(そ)ぎ落とすかが重要

――新しいメルセデス・ベンツSクラスのデザインでは、全体として何を表現したかったのですか? どのようなコンセプトを持ってデザインしたのですか?

「デザインするにあたっては『モダンラグジュアリー』というものを明確に再定義しようと考えました。キーワードは『センシュアル・ピュアリティー』(官能的な純粋さ)です。Sクラスほどのボディーサイズがある場合、いかに削(そ)ぎ落としていってピュアにするか、が大事です。これが『Aクラス』のようなコンパクトなモデルになると、進歩的な側面を強調する必要が出てきます。ただし、具体的な手法は異なりますが、メルセデス・ベンツのクルマとして、同じ言語でデザインしています」

――あなたは以前、「過去と未来をつなぐ。それが狙いだ」といった主旨の発言をされました。「過去と未来」は何を指しますか?

「メルセデス・ベンツは特別なブランドです。長い伝統があります。私の役割としては、良い部分をしっかり維持すること。より大きな役割として、前の世代、父親の世代の良いものをそのまま継承するのではなく、未来の世代、子供の世代へとつなげる必要があります。そこで、モダンラグジュアリーという考え方が大事なのです。デザインするにあたって『モダンであること』を重視し、『現代的であれ』と強く言っています。
新型Sクラスは、ラグジュアリーなクルマですが、実車を見ていただければ、エモーショナルな部分に引きつけられるはずです。そのうえ『本当にモダンだ!』という感想を抱いていただけるでしょう。『今までなかったものが入っている』『しかもハイテクだ!』と感じていただけることでしょう」

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • 第28回:個性派たちの遊撃戦
    時代を変えた風雲児たち
    2018.7.19 自動車ヒストリー 自動車の普及と販売競争がもたらした、大衆車から高級車にいたる序列。しかし歴史を振り返ると、ヒエラルキーの外に突然現れ、時代を変えるほどの衝撃を与えたモデルが確かに存在した。日本の自動車史に名を残す個性的な3台の“遊撃手”を紹介する。
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.7.20 試乗記 ホンダの軽オープンスポーツ「S660」に、走りの質を高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場。ベースモデルと比べてお値段ざっと1.3倍、シリーズ初となるスポーツカーの出来栄えやいかに!?
ホームへ戻る