第207回:テーマはモダンラグジュアリー
メルセデス・ベンツのチーフデザイナーが語る新型「Sクラス」の見どころ

2013.10.09 エディターから一言
新型「Sクラス」の発表会は東京・晴海に停泊する豪華客船「日本丸」の船内で行われた。
新型「Sクラス」の発表会は東京・晴海に停泊する豪華客船「日本丸」の船内で行われた。

「メルセデス・ベンツSクラス」の日本での販売が開始されるにあたり、メルセデス・ベンツのチーフデザイナー、ゴードン・ワグナー氏が来日した。ニューモデル発表会の後に行われたグループインタビューでは、新型Sクラスのデザインだけでなく、メルセデス・ベンツ全体のデザインにまで話が広がった。

チーフデザイナーのゴードン・ワグナー氏。
チーフデザイナーのゴードン・ワグナー氏。
 
第207回:テーマはモダンラグジュアリーメルセデス・ベンツのチーフデザイナーが語る新型「Sクラス」の見どころの画像

いかに削(そ)ぎ落とすかが重要

――新しいメルセデス・ベンツSクラスのデザインでは、全体として何を表現したかったのですか? どのようなコンセプトを持ってデザインしたのですか?

「デザインするにあたっては『モダンラグジュアリー』というものを明確に再定義しようと考えました。キーワードは『センシュアル・ピュアリティー』(官能的な純粋さ)です。Sクラスほどのボディーサイズがある場合、いかに削(そ)ぎ落としていってピュアにするか、が大事です。これが『Aクラス』のようなコンパクトなモデルになると、進歩的な側面を強調する必要が出てきます。ただし、具体的な手法は異なりますが、メルセデス・ベンツのクルマとして、同じ言語でデザインしています」

――あなたは以前、「過去と未来をつなぐ。それが狙いだ」といった主旨の発言をされました。「過去と未来」は何を指しますか?

「メルセデス・ベンツは特別なブランドです。長い伝統があります。私の役割としては、良い部分をしっかり維持すること。より大きな役割として、前の世代、父親の世代の良いものをそのまま継承するのではなく、未来の世代、子供の世代へとつなげる必要があります。そこで、モダンラグジュアリーという考え方が大事なのです。デザインするにあたって『モダンであること』を重視し、『現代的であれ』と強く言っています。
新型Sクラスは、ラグジュアリーなクルマですが、実車を見ていただければ、エモーショナルな部分に引きつけられるはずです。そのうえ『本当にモダンだ!』という感想を抱いていただけるでしょう。『今までなかったものが入っている』『しかもハイテクだ!』と感じていただけることでしょう」

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE350eアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.12.1 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス」のバリエーションがまたひとつ広がった。Eクラス初となるプラグインハイブリッド車「E350eアバンギャルド スポーツ」のパワーユニットは2リッター直4ターボ+モーター。その走りはいかなるものなのか。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記