最高出力550psの「ジャガーXJR」登場

2013.10.04 自動車ニュース
「ジャガーXJR」
「ジャガーXJR」

最高出力550psの「ジャガーXJR」登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年10月3日、新型「XJR」の受注を開始した。

ジャガーXJRは、同社のフラッグシップセダンである「XJ」の高性能モデル。最高出力510psを発生する「XJ スーパースポーツ スタンダードホイールベース」に代わって日本に導入されることとなった。

パワーユニットには、最高出力を550psまで強化したスーパーチャージャー付き5リッターV8エンジン、トランスミッションには8段ATを採用しており、0-100km/h加速は4.6秒、最高速度は280km/hと、XJのラインアップの中では最も優れた動力性能を発揮する。他のグレードと同じくアイドリングストップシステムを標準装備しており、JC08モード燃費は6.6km/リッターとなっている。

また、ダンパーとスプリングに調整を施すなど、足まわりも専用チューニングとされる。「Farallon」と呼ばれる20インチ軽量鍛造ホイールを標準で装備するほか、電子制御式アクティブディファレンシャルとダイナミックスタビリティーコントロールシステム、ステアリングシステムなどにも改良が施される。

内外装の一部も同車専用のデザインとなっており、エクステリアにはエアインテークが特徴的なフロントバンパーや、ロワーフロントスポイラー、リアスポイラー、サイドシルを装備。フロントグリルには、赤を差し色に用いた「レッドジャガーグラウワーバッジ」と、新デザインの「R」ロゴのバッジを採用している。
またインテリアでは、前席にソフトグレインレザー仕様のスポーツシートを採用している。

ハンドル位置には右と左の両方を用意。価格は1695万円となっている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーXJシリーズ(6AT)【試乗記】 2003.6.12 試乗記 ジャガー XJシリーズ(6AT)

    前モデルのデザインを踏襲しつつ、アルミ合金モノコックボディの採用などで、大きく中身が変わった「ジャガーXJ」。『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が全グレードを試乗し、印象を語る。


  • アウディ、新型「R8スパイダー」を発売 2017.6.7 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年6月6日、フラッグシップスポーツカーのオープントップモデル「R8スパイダー」の新型を発売した。2017年3月28日に日本導入が発表されており、当時アナウンスされていた7月上旬から、1カ月ほど前倒しでの発売となった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
ホームへ戻る