第206回:不変と普遍を取り込んだ111年目の革新
ハーレーダビッドソン2014年モデルに試乗した

2013.10.08 エッセイ

モーターサイクル一筋110年

1903年、アーサーとウォルターのダビッドソン兄弟と、ウィリアム・シルヴェスター・ハーレーの3人によって創設されたハーレーダビッドソン社は、以来110年、ごくわずかな例外を除いてモーターサイクルだけをつくり続けてきた――。

これ、途轍(とてつ)もないことだと思いませんか? 例えば仮にモーターサイクルがなくてもこの世はちゃんと回ると思うんです。新聞や郵便等の配達業務における二輪の利便性は有用だけれど、それ以外ではほぼ趣味の領域にとどまっている存在でしょ。風や雨に身を晒(さら)し、その上一度に運べる人数は多くても2人なんて、「どんだけMか」って話です。だから無用の長物と言われたら返す言葉はありません。

しかし、無駄ではない。モーターサイクルでしか味わえない移動の楽しさや、その造形への憧れは、人の心を温めるものとして他に代えがたい魅力がある。つまりハーレーダビッドソンの110年は、そうした二輪ならではの世界観を訴え続けてきた歴史そのものだと言っても過言じゃないのです。無用だけど無駄じゃない。ハーレーダビッドソンがなかったら、この世界は今よりかなりつまらないものになっていたんじゃないかと……。

とまぁ、冒頭からめいっぱい力んでいるのは、『webCG』の読者にハーレーダビッドソンの偉大さを知ってもらいたいから。そして、その歴史的ブランドのランドマークになるかもしれないニューモデルが登場したことも、張り切ってお伝えしたいのであります。

ハーレーダビッドソン110年の歴史で初となる、シリンダーヘッドを水冷化した“ツインクールドエンジン”搭載機種の「ウルトラ リミテッド」。マレーシアを爆走!
アジア・パシフィック地域に向けた2014年モデル発表試乗会は、マレーシアでも有数のビーチリゾート、Golden Palm Tree Resort & Spaで開催。すべてのコテージは海の上にあります。
イベントスタッフが選びぬいた1日250kmの試乗コースは、ハイウェイから密林のジャングルを抜けるワインディングロードまでそろっていました。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ