第7戦オートポリスはPETRONAS TOM'S SC430【SUPER GT 2013】

2013.10.07 自動車ニュース
第7戦を制した中嶋一貴/ジェームス・ロシター組のPETRONAS TOM'S SC430。第2戦以来の2勝目となった。

【SUPER GT 2013】第7戦オートポリスはPETRONAS TOM'S SC430

2013年10月6日、SUPER GTの第7戦が大分県のオートポリスで開催され、GT500クラスはNo.36 PETRONAS TOM'S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター組)が、GT300クラスはNo.4 GSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也組)が勝利した。

予選トップは、写真中央に見えるNo.38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平組)。
スタート前のグリッドの様子。
GT500クラスのスタートシーン。No.38 ZENT CERUMO SC430が快調に飛ばす。

■難しいレース

阿蘇山系の雄大な自然に囲まれたオートポリスには、他のサーキットには見られない、いくつかのユニークな特徴がある。
例えば、このコースではレース中に多くのタイヤ滓(かす)が発生し、これが路面を覆うようになる。もちろん、ほかのサーキットでも、レースが進むにつれてタイヤ滓は発生するが、オートポリスはその量が多く、またこれがひとたびタイヤの表面にこびりつくとグリップ力が低下してラップタイムが2秒、3秒と落ち込んでしまう。しかも、これをそぎ落とすまでには数周を要するのだからタチが悪い。

もうひとつの特徴は、天候だ。周囲を山に囲まれているだけに空模様が変わりやすく、雨も降りやすい。それ以上にやっかいなのが濃い霧がしばしば発生することで、こうなると、視界不良でレーシングカーの走行は極めて危険となる。今年、オートポリスでの開催が予定されていたスーパー耐久シリーズの一戦は、まさにこの濃い霧のために決勝レースの延期を余儀なくされたほどだ。

オートポリスを舞台に繰り広げられたSUPER GTの第7戦では、これらのポイントがレースの展開を大きく左右することになった。
まず、イベント初日の土曜日は、強い雨にくわえて例の濃い霧が発生したため、公式練習はセッション途中で赤旗中断とされた。結局、公式練習はこのまま終了となったばかりか、午後に行われるはずだった公式予選も視界不良を理由に翌日曜日へと延期されることになった。
こうして予選と決勝を1日で行うことになった日曜日は、午前9時から50分間にわたって公式予選を実施。ただし、GT300クラスは前半の25分間、GT500クラスは後半の25分間と、それぞれが占有走行の形でタイムアタックを行った。いっぽう、午後2時にスタートが切られる300km/65周の決勝レースについては当初の予定どおり執り行われることとなった。

勝利を予感させながらも、2位に終ったNo.38。
こちらはNo.17 KEIHIN HSV-010(金石年弘/塚越広大組)。健闘の結果、3位表彰台を獲得した。
勝利をよろこぶNo.36 PETRONAS TOM'S SC430の3人。写真左から、関谷正徳監督、ジェームス・ロシター、そして中嶋一貴。
GT300クラスで優勝した、谷口信輝/片岡龍也組のNo.4 GSR 初音ミク BMW。
勝利のガッツポーズ。写真左から、片岡龍也と谷口信輝の両選手。

■トップSC430がまさかの失速

予選でポールポジションを獲得したのはNo.38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平組)。彼らは順当にトップを守ってスタートを切ると、3周目には2番手に3.3秒の差をつけるほどの速さを見せつける。いっぽう、2番手のNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ組)はペースが上がらず、その後方には5、6台が団子状態で連なる展開となった。

この激しい2番手争いを行う上位陣のなかに、前述したタイヤ滓の影響を受けるチームが出てくる。これによって時折順位の入れ替えが起きたものの、団子状態のまま周回を重ねる状況は変わらない。こうした展開はレースの折り返し地点を過ぎても変わりなく、50周を迎えてなお、5台が2番手争いを繰り広げていた。ただ、No.38 ZENT CERUMO SC430だけには何の波乱も起きず、2番手を10秒以上も引き離して悠々とトップの座をキープ。「第6戦富士に続いて、No.38 ZENT CERUMO SC430が連勝する」と、この時点では多くの関係者が予想していたはずだ。

ところが、この直後、No.38 ZENT CERUMO SC430のペースが急激に鈍り始める。どうやら、彼らにもタイヤ滓の影響が出始めたようだ。この結果、52周目に11.2秒だった2番手との差は53周目には7.5秒となり、56周目には5秒を切る。トップをゆくNo.38 ZENT CERUMO SC430を猛追していたのは、2番手のNo.36 PETRONAS TOM'S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター組)と3番手のNo.17 KEIHIN HSV-010(金石年弘/塚越広大組)。2台は、1秒以下の僅差を保ったまま首位に肉薄した。
結局、63周目にNo.38 ZENT CERUMO SC430のオーバーテイクに成功したNo.36 PETRONAS TOM'S SC430がトップでチェッカーを受け、第2戦富士に続く今季2勝目を挙げた。ただし、No.17 KEIHIN HSV-010は最後まで攻略できず、2位はNo.38 ZENT CERUMO SC430、3位はNo.17 KEIHIN HSV-010という結果に終わった。

いっぽう、第6戦が終了した時点でポイントリーダーに浮上したNo.18 ウイダー モデューロ HSV-010(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ組)は、今回2番手争いに加わりながらも最終的には5位入賞にとどまった。
この結果チャンピオン争いでは、今回15点を獲得し58点となったNo.38 ZENT CERUMO SC430がトップに浮上。今回2位のNo.36 PETRONAS TOM'S SC430は54点でランキング2位にジャンプアップした。そしてNo.18 ウイダー モデューロ HSV-010とNo.17 KEIHIN HSV-010のホンダ・コンビがともに52点で3位。残すは最終戦もてぎのみ。チャンピオン争いは、事実上、この4台に絞られたといっていいだろう。

今季はJAF-GT勢が優勢だったGT300クラスでは、JAF-GT勢のエアリストリクター径を絞る性能調整が実施された結果、GT3勢が息を吹き返し、8番グリッドからスタートしたNo.4 GSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也組)が前戦に続いて栄冠を勝ち取った。2位はNo.50 Exe Aston Martin(加納政樹/安岡秀徒組)、3位はNo.52 OKINAWA-IMP SLS(竹内浩典/土屋武士組)だった。
今シーズンのチャンピオンを決する最終戦は11月2、3日にツインリンクもてぎで開催される。

(文=小林祐介/写真提供 GTA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。