アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)/1.8 TFSIクワトロ(4WD/6AT)

エゴイストの妖しい魅力 2013.10.10 試乗記 アウディのプレミアムコンパクト「A3」がフルモデルチェンジして3代目となった。フォルクスワーゲングループの新プラットフォーム「MQB」を採用した新型は、どのような走りを見せるのか。

乗ってビックリ

なにが悲しくて、299万円で手に入る「ゴルフTSIハイライン」と同じパワートレイン……、いや、ゴルフのハイラインのエンジンは140psでACT(アクティブシリンダーマネジメント)なる可変シリンダーシステムがついている。「A3」でそれと同等のエンジンを手に入れるにはもう50万円ほど必要だ。

もう一回繰り返しますが、なにが悲しゅうて、同じ中身でブランド違いのクルマに50万円近い、正確には48万円ものカネを余分に払うのか? ゴルフでいいではないか。いいどころか、ドイツの国民車のゴルフのマークVIIはメチャクチャすばらしい。いったいきみはなんだってアウディA3が欲しいのか? おまえはブランドの奴隷か? さもなくばフォルクスワーゲン帝国の回し者? ほら、聴こえてきはしまいか、ベイダー卿のテーマ曲が。♪ちゃんちゃんちゃんちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃんちゃんちゃんちゃちゃちゃちゃ。コーホー、コーホー。

しかるに、乗ってビックリ。走りだしてたまげる。これはメチャクチャいいクルマだ! 日本に上陸したのはゴルフVIIの方が少々早かったけれど、本国でのデビューはA3マークIIIの方が先だ。つまり、フォルクスワーゲン帝国が周到に用意したMQB(横置きプラットフォーム戦略)の嚆矢(こうし)は、ゴルフではなくてA3だったのだ。アイム・ユア・ファーザー! ノオオオオオオッ! というくらいの衝撃ではあるまいか。

「A3スポーツバック1.4 TFSI」に搭載されるエンジンは1.4リッター直4ターボ。122psと20.4kgmを発生する。
「1.4 TFSI」の前席。シート生地はファブリックが標準となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る