第11回:まだ先があったアイサイト劇場第2幕!
やっぱり人の目の仕組みが最強なのか? の巻

2013.10.10 エッセイ

「ぶつからない」システム普及の立役者

不肖オザワ、またまた一本取られちゃいましたよ、スバルさんに。ってか自動車メーカーのハイテク技術バトルに……かな?

というのもある意味スバルが先鞭(せんべん)をつけたともいえる今のハイテク安全システム。特に「アイサイト」がCMで披露した衝突被害軽減機能の衝撃はハンパじゃなかったわけで、今の「ぶつからない?」ブームを紛れもなくけん引。しかし、失礼なハナシ、不肖オザワはこの先アイサイトは埋没しちゃうんじゃないの? と危惧していたのだ。というのもあれから続々似たようなモノが出たから。それももっと安く。あるいはもっと大がかりなモノで。

思い返せばスバルが「ぶつからない……」のCMで世の中をひっくり返したのが2010年の「レガシィ」のマイナーチェンジ。確か「トヨタ・ハリアー」のプリクラッシュセーフティーシステムがまだ40万円ぐらいの頃に、アイサイトは思い切ってセンサーをはぎ取ったステレオカメラのみの「アイサイトver.2」をわずか10万円+税でオプション装着。こいつが30km/h程度の追突をほぼ防ぐほか、「これ、半自動運転じゃん!」ってレベルの追従式クルーズコントロール機能や、AT誤発進抑制制御、運転中のふらつき警報まで付いていたからユーザーはびっくり。
「追突を1回防いだと思ったら10万円なんて安いモノ!」と、これまで「安全」に金を払う意識のなかったユーザーに、ある種のコスト感覚パラダイムシフトを起こさせ、レガシィのアイサイト装着率はいきなり8割の大台を突破! ついでに販売店に「レガシィ下さい」ではなく「アイサイト下さい!!」というおトボケなお客さまを来させるまでになった(実話)。

他社も当然この動きを無視するわけにいかず、三菱は実質9万5000円で「e-Assist」を出すわ、トヨタが新型「クラウン」に、プリクラッシュセーフティーを10万5000円で設定するわ。小さなクルマの方を見ても、フォルクスワーゲンがスタート価格149万円の「フォルクスワーゲンup!」に「シティエマージェンシーブレーキ」を標準装備。ついにはダイハツが「ムーヴ」にわずか5万円で「スマートアシスト」を設定し、スズキも4万2000円で同様の「レーダーブレーキサポート」を出すまでになった。

一応、スバルは独自のステレオカメラならではの優位性を保っていたが、他社のカメラ+ミリ波レーダーも近い性能を発揮していたし、さらに「ぶつからない」機能一本に絞った赤外線レーザーシステムが激安で登場したことで、その優位性はたもてなくなるのかも? と思っていたのだ。

 

「EyeSight(アイサイト)」とはステレオカメラを使ったスバル独自の安全運転支援システム。現在のものは「ver.2」と呼ばれているので、今回説明された次世代アイサイトは、「ver.3」となるのかも。

こちらは誕生当初の「アイサイトver.2」の解説イラスト。フロントウィンドウの2つのカメラで前方を監視するというシステムの基本は、今回の次世代アイサイトも同じ。進化のポイントは、カメラの性能向上と操舵(そうだ)制御の追加だ。
現在の「アイサイトver.2」は、2010年の「スバル・レガシィ」のマイナーチェンジとともに登場。現在では「インプレッサ」や「フォレスター」など、幅広い車種に設定されている。
2013年8月の改良で「スマートアシスト」が設定された「ダイハツ・ミライース」。赤外線レーザーのみのシンプルなものとはいえ、この手のシステムが100万円以下の軽乗用車にも付くようになるとは……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』