アウディが「RS」モデル3車種を日本に導入

2013.10.08 自動車ニュース
「アウディRS 6アバント」とアウディ ジャパン代表取締役社長の大喜多 寛氏。
「アウディRS 6アバント」とアウディ ジャパン代表取締役社長の大喜多 寛氏。

アウディが「RS」モデル3車種を日本に導入

アウディ ジャパンは2013年10月8日、「RS 6アバント」「RS 5カブリオレ」の販売を開始するとともに、「RS 7スポーツバック」を2014年1月に発売すると発表した。

「RS 6アバント」のV8 4.0 TFSIツインターボエンジン。
「RS 6アバント」のV8 4.0 TFSIツインターボエンジン。
「RS 6アバント」のインパネまわり。
「RS 6アバント」のインパネまわり。

「RS 7スポーツバック」


    「RS 7スポーツバック」
「RS 5カブリオレ」
「RS 5カブリオレ」

アウディの「RS」モデルとは、同社のスポーツモデルの開発生産を担う100%出資子会社「quattro GmbH」が手掛ける高性能車である。

今回発表されたRS 6アバントでは、パワーユニットに最高出力560ps、最大トルク71.4kgmのV8 4.0 TFSIツインターボエンジンを採用。従来モデル比で100kgの軽量化とも相まって、0-100km/h加速は3.9秒という動力性能を実現している。

また、RS 7スポーツバックは、RS 6アバントと同じエンジンを採用する5ドアクーペであり、0-100km/h加速3.9秒という動力性能を発揮。足元には専用の21インチアルミホイールを標準で装着している。

どちらのモデルも、エンジン負荷が少ない状態では8気筒のうち4気筒を休止させる可変シリンダー機構「シリンダーオンデマンド」システムや、アイドリングストップ機構、ブレーキエネルギー回生システムなどを採用。燃費は10.4km/リッター(JC08モード)となっている。

一方、RS 5カブリオレには最高出力450ps、最大トルク43.8kgmのV8 4.2 FSIエンジンを搭載。専用チューニングのスポーツサスペンションや、路面状況に応じて左右後輪の駆動力を変化させるスポーツディファレンシャルなどによって、俊敏なハンドリングを実現しているという。

ハンドル位置は各モデルとも右、左の両方を用意。価格はRS 6アバントが1520万円、RS 7スポーツバックが1570万円、RS 5カブリオレが1387万円。

(webCG)

→「アウディRS 6アバント」と「アウディRS 7スポーツバック」のより詳しい写真はこちら
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
ホームへ戻る