高性能SUV「アウディSQ5」が登場

2013.10.08 自動車ニュース
「アウディSQ5」(北米仕様)
「アウディSQ5」(北米仕様)

高性能SUV「アウディSQ5」が登場

アウディ ジャパンは2013年10月8日、高性能SUV「SQ5」を発表。同日、販売を開始した。

アウディSQ5は、ミドルサイズSUV「Q5」をベースとした高性能モデルであり、パワーユニットには354psの最高出力と47.9kgmの最大トルクを発生する、スーパーチャージャー付きの3リッターV6 TFSIエンジンを搭載。トランスミッションには8段ティプトロニックを採用している。

これに組み合わされるフルタイム4WD「クワトロ」システムは、通常時、前:後=40:60の割合で配分しているトルクを、走行状況に応じて70:30から15:85の範囲で変えることが可能。またコーナリングの際に、内輪に軽くブレーキをかけることでアンダーステアを防ぐ、トルクベクタリング機能も備わっている。

内外装も特別な仕立てとなっており、エクステリアにはプラチナグレーのダブルクロムバーを備えた専用のシングルフレームグリルや、アルミニウム調のドアミラー、リアディフューザー、リアスポイラー、20インチホイールを装備。車高も、スポーツサスペンションの採用によって30mm低められている。

一方、黒を基調にコーディネートされたインテリアには、マットブラッシュトアルミニウムの加飾パネルや、アルカンターラとレザーを使用したコンビタイプのスポーツシートを採用。メーターパネルやステアリングホイールには「SQ5」のバッジをあしらっている。

ハンドル位置は右のみの設定で、価格は749万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
ホームへ戻る