2リッターターボ搭載の「ザ・ビートル」登場

2013.10.09 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ」
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ」

2リッターターボ搭載の「ザ・ビートル」登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年10月8日、「ザ・ビートル」シリーズに2リッターTSIエンジンを搭載したスポーツグレード「ザ・ビートル ターボ」を設定し、販売を開始した。

ザ・ビートル ターボは、最高出力211ps/5300-6200rpm、最大トルク28.6kgm/1700-5200rpmを発生する2リッター直4エンジンや、デュアルクラッチ式ATの6段DSGなど、先代の「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」と同じパワートレインを採用したスポーツグレードである。

内外装でも他のグレードとの差別化を図っており、ドアミラーやインストゥルメントパネル、ステアリングホイールトリム、ドアトリムなどをブラックでコーディネート。エクステリアにはリアディフューザーやリアスポイラー、クロムデュアルエキゾーストパイプ、235/45R18サイズのタイヤと18インチ5スポークアルミホイール、レッドブレーキキャリパーなどを装着している。

一方インテリアには、スポーツシートやアンビエントライト、アルミ調ペダルクラスターなどを用意。メーカー純正ナビの「712SDCW」を標準で装備するほか、オプションで、油温計とストップウオッチ、ブースト計を備えた3連メーターや、LEDポジションランプ付きバイキセノンヘッドライト、ダークティンテッドガラス(左右リアガラス)からなる「Coolster」パッケージも設定されている。

ハンドル位置は右のみ。価格は348万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る