第317回:真面目男の瞬間芸? オペルのプレミアムシティーカー「アダム」

2013.10.11 エッセイ

鳴りもの入りでデビューしたものの

オペルの「Adam(アダム)」といって、姿を想像できる読者諸兄はどのくらいおられるだろうか? 2012年9月のパリモーターショーでデビューを飾り、2013年に発売されたAセグメントのシティーカーだ。
メーカーが公にしているライバルは、「フィアット500」「MINI」「シトロエンDS3」、そして「アウディA1」である。
ちなみに自動車史に詳しい方ならご存じのように、「アダム」とはオペルの創業者アダム・オペルにちなんだ名前だ。

しかしながらこのアダム、目下のところ欧州の路上で見かける機会が少ない。この夏から今日までボクが訪れたフランス、スイス、ポーランド、そしてドイツの路上でもなかなか見ることができなかった。ようやく見つけても宣伝用デカールがドアにでかでかと貼ってあるディーラー所有車だったり、明らかにレンタカーだったりした。
ボクが住んでいるイタリアでもしかりだ。ほぼ同じ時期に発売されたフィアットの5ドアワゴン「500L」をかなりの頻度で目撃するのと対照的である。

「あれだけ鳴りもの入りでデビューしたのに変だな」と思っていたところに、アダムに関するニュースが飛び込んできた。
米オートモーティブニュースが2013年10月2日に伝えたところによると、オペルは独アイゼナッハ工場でのアダムの減産を検討中という。

オペルとしては、「冬の需要減」「南ヨーロッパ地域における市場不振」を理由に挙げている。南欧の状態はある程度わかるが、冬の需要減がそんなに大きな理由か?
そう考えたボクは、直近の登録・販売台数を調べてみた。2013年8月の欧州におけるアダムの販売台数は2525台。1月からの累計でも2万9743台だ。これは姉貴分である「オペル・コルサ」(同累計15万9551台)の5分の1以下である(JATOダイナミクス調べ)。

参考までに本国ドイツでの7月の販売台数は1279台で総合22位、イタリアの8月の登録台数はわずか175台にとどまる。冬どころか、すでにスローペースである。

「オペル・アダム」は2012年9月のパリモーターショーで華々しくデビューを飾った。
「オペル・アダム」は2012年9月のパリモーターショーで華々しくデビューを飾った。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3698×1720×1484mm。「フィアット500」より、いずれもわずかながら長く、広く、低い。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3698×1720×1484mm。「フィアット500」より、いずれもわずかながら長く、広く、低い。
ライバルである「フィアット500」の本土に上陸! イタリアにおけるデビューは2012年12月のボローニャモーターショーだった。
ライバルである「フィアット500」の本土に上陸! イタリアにおけるデビューは2012年12月のボローニャモーターショーだった。
オペルのオフィシャルフォトから。「オペル初のファッショナブル・スモールアーバンカー」がそのポジションである。
オペルのオフィシャルフォトから。「オペル初のファッショナブル・スモールアーバンカー」がそのポジションである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。