三菱アウトランダーPHEV G ナビパッケージ(4WD)

パラダイムシフトの引き金となるか 2013.10.17 試乗記 リコール騒動を乗り越え、2013年8月に生産を再開した「三菱アウトランダーPHEV」。まだまだバックオーダーを抱えているという人気のプラグインハイブリッドSUVの特徴を、あらためて検証した。

復活とともに大盛況

「三菱アウトランダーPHEV」が元気に増殖中。2013年の初めに発売の直後、リチウムイオン電池の製造過程での作業ミスが原因で発熱や発煙のトラブルに見舞われてしまったが、夏までに対策完了。いざ生産が再開されると同時に、待ちかねたファンが殺到だとか。さらに8月にはアメリカ道路安全保険協会の最高評価(トップセーフティービークル)に認定されるなど、グッドニュースが続いている。そしてもちろん、SUV界の常識を根底から覆す驚異の超々々低燃費が最大の人気ポイントなのは、あらためて言うまでもない。

だがその前に、「三菱アウトランダー」全体の出来の良さを忘れてはならない。出生の源をたどると往年の「ジープ」にまでさかのぼる三菱SUVだが、そのDNAをたくましく叫ぶのが「パジェロ」なら、都会的に洗練したのがアウトランダーと「RVR」の姉妹。だから、卓越したオンロード性能がことのほか光る。
特にPHEVは滑らかさと静粛性だけでなく、全方位ことごとくバランスの取れた走行感覚で、ベースとなったガソリン仕様をしのぐ。これほどの出来栄えを見せつけられてしまっては、332万4000円~429万7000円(ガソリン仕様は242万7000円~310万円)という高価格も気にならない。

その走りは、文句なしの優等生。4気筒2.4リッター(169ps)ではなく、前後の低い位置にそれぞれ82psのモーター(トルクはフロントが14.0kgm、リアが19.9kgm)を潜ませるツインモーター4WDがアウトランダーPHEVの正体なのだが、その前後配分が精密すぎる。軽く踏んでもドカッと乱暴に踏み込んでも、瞬間ごとに適切きわまる電力が各モーターに流れ、まるで何事もなかったかのようにスイッと走りだしてしまう。コーナーでも同様で、ちょっと無理かなと思うタイミングから加速を始めても、レールにはまったように冷静に駆け抜けてくれる。ガソリンのアウトランダーもコーナーの安定性は抜群だが、攻めすぎると押し出しアンダー的になるのに、PHEVは涼しい顔の一点張りだ。これなら、姿こそSUVでも、実際には快適なセダンとして通用する。

バッテリー関連のリコールを乗り越え、2013年8月に生産を再開した「三菱アウトランダーPHEV」。2013年10月現在のバックオーダーは、国内向けが約3100台、海外向けが1万5000台。納車待ちの解消が急がれる。
テスト車は、メーカー純正ナビや電動テールゲートなどを備えた「G ナビパッケージ」。
シートは合成皮革とファブリックのコンビタイプが標準。本革シートは最上級グレード「G プレミアムパッケージ」のみに設定される。
「アウトランダーPHEV」は全仕様が2列5人乗りとなっている。荷室の床下にリアモーターを搭載する都合上、ガソリン車には設定のある3列7人乗りは用意されない。
燃費のよさはもちろんのこと、電子制御による疑似デフロックや、トルクベクタリング機能の「S-AWC」などによる動力性能も「アウトランダーPHEV」の特徴。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(4WD)【試乗記】 2015.8.20 試乗記 大規模な改良を受けて実力を上げた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗した。フロントデザインが改められただけでなく、乗り心地や操縦安定性も磨かれたという新型の走りやいかに? 最上級グレードの「Gプレミアムパッケージ」のステアリングを握った。
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 【LAショー2016】マツダ、新型「CX-5」を世界初公開 2016.10.28 自動車ニュース マツダは2016年10月28日、ロサンゼルスオートショー(2016年11月14日~27日)で、新型「CX-5」を世界初公開すると発表した。同社のデザインコンセプト「魂動(こどう)」をより高い次元に昇華させることに挑戦したという。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • 三菱が既存9車種の燃費不正について損害を賠償 2016.8.30 自動車ニュース 三菱自動車は2016年8月30日、同社が現在販売している「アウトランダーPHEV」「デリカD:5」など9車種を対象に、ユーザーに対して1台あたり3万円から10万円の損害賠償金を支払うと発表した。
ホームへ戻る