ツートンカラーの「ホンダCR-Z」が登場

2013.10.10 自動車ニュース
「ホンダCR-Z」
「ホンダCR-Z」

ツートンカラーの「ホンダCR-Z」が登場

本田技研工業は2013年10月10日、ハイブリッド車の「CR-Z」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

今回の改良では、「α・Master label(アルファ・マスターレーベル)」にメーカーオプションとして「2トーンカラースタイル」を設定した。

このオプションは、ボディーカラーが「プレミアムホワイト・パール」「ポリッシュドメタル・メタリック」「ミラノレッド」「プレミアムイエロー・パールII」の場合のみ選択が可能なもので、ルーフやテールゲート、ドアミラーをブラックでコーディネート。インテリアには、プライムスムース×ラックス スエードの専用シート表皮(前席のみ)や、ブラックドアライニング、本革巻きステアリングホイール(パンチングレザー/シルバーステッチ)、ピアノブラック調のステアリングガーニッシュとシフトレバーエスカッションパネルを採用している。

また、今回の改良では16インチアルミホイールのデザインを切削加工とブラックの組み合わせに変更したほか、ナビ装着用スペシャルパッケージを全グレードにメーカーオプションとして設定した。

価格は236万5000円~269万8250円。

(webCG)
 

関連記事
  • ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.4.12 試乗記 ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)
    ……449万4000円

    「ホンダCR-Z」をベースとする、300台限定のコンプリートカー「MUGEN RZ」に試乗。無限のスペシャルチューンで、“ハイブリッドスポーツ”の走りはどう変わったのか?
  • ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)【試乗記】 2011.10.11 試乗記 ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)
    279万6000円

    「ホンダCR-Z」の新グレード「α・Black label」に試乗し、ハイブリッドスポーツカーの存在意義をあらためて考えた。
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【試乗記】 2012.12.8 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……304万4000円

    ハイブリッドのスポーツカー「ホンダCR-Z」がマイナーチェンジ。“走りの裏技”を得たという最新モデルの実力を試した。
  • ホンダCR-Z 2010.2.25 画像・写真 ホンダが放つハイブリッドのスポーツカー「CR-Z」のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【試乗記】 2010.4.12 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……278万4000円

    ハイブリッドカーでありながらスポーツカーを称する「ホンダCR-Z」。掲げられた“二枚看板”の、真偽のほどは!? 売れ筋グレードで試した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ホンダCR-Z α(FF/6MT)【試乗記】 2010.4.30 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/6MT)
    ……310万9500円

    受注好調が伝えられる「CR-Z」。MTとCVT、買うならどっち? 売れ線「白のアルファ」に乗って、下野康史の出した答えは?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
ホームへ戻る