ツートンカラーの「ホンダCR-Z」が登場

2013.10.10 自動車ニュース
「ホンダCR-Z」
「ホンダCR-Z」
    拡大

ツートンカラーの「ホンダCR-Z」が登場

本田技研工業は2013年10月10日、ハイブリッド車の「CR-Z」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

今回の改良では、「α・Master label(アルファ・マスターレーベル)」にメーカーオプションとして「2トーンカラースタイル」を設定した。

このオプションは、ボディーカラーが「プレミアムホワイト・パール」「ポリッシュドメタル・メタリック」「ミラノレッド」「プレミアムイエロー・パールII」の場合のみ選択が可能なもので、ルーフやテールゲート、ドアミラーをブラックでコーディネート。インテリアには、プライムスムース×ラックス スエードの専用シート表皮(前席のみ)や、ブラックドアライニング、本革巻きステアリングホイール(パンチングレザー/シルバーステッチ)、ピアノブラック調のステアリングガーニッシュとシフトレバーエスカッションパネルを採用している。

また、今回の改良では16インチアルミホイールのデザインを切削加工とブラックの組み合わせに変更したほか、ナビ装着用スペシャルパッケージを全グレードにメーカーオプションとして設定した。

価格は236万5000円~269万8250円。

(webCG)
 

関連キーワード:
CR-Zホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.4.12 試乗記 ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)
    ……449万4000円

    「ホンダCR-Z」をベースとする、300台限定のコンプリートカー「MUGEN RZ」に試乗。無限のスペシャルチューンで、“ハイブリッドスポーツ”の走りはどう変わったのか?
  • ホンダCR-Z α(FF/6MT)【試乗記】 2010.4.30 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/6MT)
    ……310万9500円

    受注好調が伝えられる「CR-Z」。MTとCVT、買うならどっち? 売れ線「白のアルファ」に乗って、下野康史の出した答えは?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • トヨタ・カローラ スポーツG/カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”【試乗記】 2018.7.16 試乗記 「トヨタ・オーリス」がフルモデルチェンジを受け、日本では新型車「カローラ スポーツ」としてデビュー。最新の“つながる機能”を備えた、トヨタが世界で勝負するグローバルモデルの出来栄えは? 千葉の一般道で1.2リッターターボ車とハイブリッド車をテストした。
  • 「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場 2018.7.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年7月2日、「86」に「GRスポーツ」を設定し、販売を開始した。2017年秋に発表したスポーツカーシリーズ、GRのエントリーモデルとなるもので、“気軽にスポーツを楽しめる”モデルとなっている。
ホームへ戻る