メルセデス・ベンツC63 AMGエディション507(FR/7AT)

さらなる高みへ 2013.10.18 試乗記 自然吸気6.2リッターV8エンジンを謳歌(おうか)する「スーパーCクラス」の大団円か? 一気に50psも強化され、507psものパワーを誇る「C63 AMGエディション507」でショートツーリングに出た。

よくぞここまで

「Eクラス」や「Sクラス」の状況から考えて、自然吸気6.2リッターの“ロクサン”AMG用エンジンはおそらく遠からず消える。現行の「Cクラス」に使われているのが最後。でもって今回のこれ、「エディション507」の「507」とは最高出力507psの507。フツーのバージョンの「C63 AMG」のエンジンは457ps。50psアップは、出力特性をさらに高回転型に振ったことで実現した……のかと思ったら、ピーク出力発生回転数は変わってなかった。どっちも6800rpm。それと、最大トルクは5000rpmで。けっこう高い。かなり高い。でも、そんなことは知らずに運転。

457psのC63 AMGや先代「SL」マイナーチェンジ後の63AMGを運転したときの印象と比べて、今回のエンジンは第一印象、フツーだと感じた。ゆっくりおとなしく走らせているときの、排気量なりの馬鹿ヂカラっぽさ。余裕ありまくり感。それが比較的希薄だったので。

「C」モードで自動変速。7段もあるので無理もないともいえるけれど、シフトの刻みは細かい。アップ側がトトトンと早いのはいいとして、ちょっと「アレッ!?」だったのはダウン側。日常の街なかの運転でフツーにする程度のちょっとした加速要求に対してもスッとギアを落とす。落として、加速。ギアホールドで、つまり変速しないでグーッともっていってほしいのに。
ベチャッと踏むと速いとか上のほうまでブン回すと速いとかは、こんなエンジンなのだからアタリマエ。ものすごく速くても、その意味では驚かない。しばらくして同じ個体を借りて運転したら、常用域のトルクのたくましさがちょっと別モノみたいに……みたいなことになっていたらうれしい。このエンジンのホントの気持ちよさ、まだまだこんなものじゃないはず。

ただしというか、タダモノじゃないクルマを運転している感じは、ゆっくりおとなしく運転していても明瞭にある。要因としては、やたらと拘束感の強いシート。いかにもバネのレートが高そうな上屋やバネ下の揺れ具合。タイヤのゴツさ感。乗り心地は、ウゴウゴしまくりだった何年前かと比べたらいくらか、またはだいぶ、フツーに快適になった。よくぞここまで、というべきかもしれない。

6.2リッターV8エンジンは、ベースモデル「C63 AMG」より50ps強力な507psを発生する。
6.2リッターV8エンジンは、ベースモデル「C63 AMG」より50ps強力な507psを発生する。
パワーアップに伴い、前後ブレーキディスクが大径化された。赤いキャリパーが足元をスポーティーに彩る。
パワーアップに伴い、前後ブレーキディスクが大径化された。赤いキャリパーが足元をスポーティーに彩る。
ボンネットに新設されたエアアウトレットが、「エディション507」ならではのただならぬ雰囲気を醸し出す。
ボンネットに新設されたエアアウトレットが、「エディション507」ならではのただならぬ雰囲気を醸し出す。
ベースモデルではボディー同色だったドアミラーハウジングがブラックに。
ベースモデルではボディー同色だったドアミラーハウジングがブラックに。
トランクリッドにはハイグロスブラック仕上げの小型スポイラーが装着される。
トランクリッドにはハイグロスブラック仕上げの小型スポイラーが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る