第208回:燃料電池車と「i-ROAD」に試乗 トヨタの先進技術を体験

2013.10.11 エッセイ
 

トヨタはいま、こんな技術開発に取り組んでいる!? 次世代のエコカーや安全システム、未来のモビリティーを試してみた。

燃料電池自動車(FCV)の試作車。
FCVの室内。モーターの回転音は静かだが、加速は大変力強い。
FCVは走行試験も兼ねて、愛知県豊田市のトヨタ自動車本社から東京・晴海まで、322kmの距離を自走してきた。
走行試験の結果、水素残量を加味すると650km程度走行可能とのことで。長距離ドライブでも安心だ。
水素充塡(じゅうてん)のデモンストレーションも行われた。3分程度で満タンまで充填できるという。

秘密のハイテクマシン、燃料電池自動車

先進技術説明会の会場となった東京・晴海には、かつて東京国際見本市会場があった。1987年まで東京モーターショーが開催されていたこの場所で、最先端のクルマともいえる燃料電池自動車(FCV)に試乗できるというのも、不思議な話である。

目の前には、これから試乗する予定の、カムフラージュが施されたFCVの試作車が止まっている。どうやらベースとなっているのは「トヨタSAI」のようだが、あくまでボディーを流用しているだけで、2015年の市販化を目指して開発されているFCVのデザインがこうなる、というわけではないとのこと。

ボンネットもトランクも開けさせてはもらえず、中身がどうなっているのかは秘密のベールに包まれている。隠されると気になってしかたがない。ほんのチラッとだけでもいいから見せてほしいとお願いしたのだが、「ごめんなさい!」と断られてしまった。おかげで「企業秘密たっぷりのクルマにこれから乗るのだ」という興奮はがぜん高まる。

運転席のドアを開くと、いかにも試作車然とした、秋葉原の電気パーツ屋さんでそろえたようなメカニカルなスイッチが目に入り、このクルマが最先端のハイテク秘密マシンであることをさらに印象づけた。

走りだしてみると、その運転感覚は普通の電気自動車だ(電気自動車を「普通の」と呼んでしまうのも、一昔前からすると考えられないことだが)。
FCVは、水素と酸素の化学反応を利用して発電し、その電力でモーターを動かして走行する仕組みだから、運転感覚が電気自動車に似ているのは当然である。
電気自動車との違いは、「FCスタック」と呼ばれる発電機と水素タンクが搭載されている点で、その分電気自動車に比べてバッテリーは小さくて済む。
もちろん、走ったら水素を充塡(じゅうてん)しなければならないのだが、通常の走行では水素満タンで650km程度走行可能とのことなので、給油(給水?)の頻度は燃費のいいハイブリッドカーくらいだろうか。駐車場に設けられたテストコースを走行したのだが、モーターならではの力強いトルク感でぐんぐん加速するので、ついつい楽しくなってしまった。

このように、FCVはパワーも航続距離も十分実用レベルなのだが、全然実用レベルじゃないのがコストだ。
試作車のため価格は発表されていないが、少なくとも筆者が乗ったことのあるクルマの中で一番高価であることは間違いないだろう。2015年に出る市販モデルは1000万円程度を目標にしているとのことで、一般ユーザーのクルマ選びの選択肢にFCVが入ってくるのは、まだまだ先のことになりそうだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ