シボレー・コルベット クーペ(FR/7MT)

世界を獲れ! 2013.10.16 試乗記 60年の歴史を誇る、アメリカンスポーツカーの代表選手「シボレー・コルベット」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型「C7」の「進化」と「継承」に触れた。

世界最古参の銘柄

「コスモポリタン」という言葉、日本人にとってちょっと古くさく感じられるのは、女性の社会的自立などが強く打ち出された80年代に多く聞かされた経緯があるからだろう。その意は、国籍や人種に左右されず、世界をフラットな視野で捉える、平たくいえば「国際人」みたいなところだと思う。

今年60歳、人にたとえれば還暦となる「シボレー・コルベット」は、同じ名前で生き続けてきた、世界で最もご長寿なスポーツカーだ。通算で7代に及ぶ歴史が途切れたのはただ一度、3代目の「C3」型と4代目の「C4」型のはざまとなる1983年。が、それは厳密にみればということで、実質的にはすべてのモデルがひとつの時間軸でつながっている。
そんなコルベットが自ら国際人への道をまい進したのは、15年近く前に登場した「C5」からである。FIA GT選手権のレギュレーションでのレース参戦はこのクルマの世界規模での認知を徐々に高め、そして「C6」においてはルマン24時間レースでの常勝組として名をはせることにより、世界に冠たるパフォーマンスカーの一翼を担うこととなった。結果は正直にヨーロッパでの販売に反映され、デビューから50年を経てC6は、かつてなくアメリカ国外で売れたコルベットというポジションに立つことになる。

名のみならず実をみて、アメリカ製スポーツカーの代表格として認知されたからには、新しい「C7」型コルベットの目的は間違いなく「ど真ん中」にあるはずだ。すなわち、「世界を獲(と)れ」ということである。世界最古参であるがゆえの縛りは僕らの想像をはるかに絶するものだろう。それでなくても今なお需要の2/3を支えるアメリカには強固なコルベットマニアがゴマンといて、それぞれに一家言を抱いている。そのはざまで果たしてコルベットはどのように変わるのか。自分にとっては今年最大級の期待を胸に試乗へと臨んだ。

と、散々煽(あお)っておいてなんなのだが、額面でみる限り、C7コルベットは全然変わっていなかった。フレームシャシーに組み合わされるのは、コンポジット材を使った横置きリーフスプリングのサスペンション、ノーズに抱えるエンジンはスモールブロックOHV。トランスアクスルはC5以降の伝統だが、他は「C1」つまり初代からのソリューションである。
“サーキット上等”のみならず、最速を目指すならエンジンやフレームはさておき、いくらなんでも今度ばかりはコイルオーバーのサスを使ってくるんじゃないか。裏切られたその臆測を開発チーフのタッジ・ジェクター氏にぶつけてみると、「そんなのまったく検討してないよ。物理的に今のシステムを上回らないんだから」と軽く一蹴されたのは、あきれを通り越して痛快ですらあった。

試乗会場となったホテルの前に並ぶ、色とりどりの「C7コルベット」。日本仕様で選べるのは5色だが、北米仕様では10色ものボディーカラーが用意されている。
試乗会場となったホテルの前に並ぶ、色とりどりの「C7コルベット」。日本仕様で選べるのは5色だが、北米仕様では10色ものボディーカラーが用意されている。
ラウンド形状のリアウィンドウと丸型4灯のテールランプの廃止により、リアビューはこれまでのモデルとは様変わり。
ラウンド形状のリアウィンドウと丸型4灯のテールランプの廃止により、リアビューはこれまでのモデルとは様変わり。
懐かしの「コルベット スティングレイ」という名称の復活も「C7」のトピックだったが、日本ではこれまで通り、「コルベット」の名で販売される。
懐かしの「コルベット スティングレイ」という名称の復活も「C7」のトピックだったが、日本ではこれまで通り、「コルベット」の名で販売される。
「コルベット」伝統の「クロスフラッグ」のエンブレム。デザインは時代によって大きく異なるが、チェッカーフラッグとシボレーの「ボウタイ」をモチーフにしている点は、今も昔も変わらない。
「コルベット」伝統の「クロスフラッグ」のエンブレム。デザインは時代によって大きく異なるが、チェッカーフラッグとシボレーの「ボウタイ」をモチーフにしている点は、今も昔も変わらない。
「C7コルベット」のインテリア。本国仕様に用意される5色の内装色のうち、日本では4色から選ぶことができる。
「C7コルベット」のインテリア。本国仕様に用意される5色の内装色のうち、日本では4色から選ぶことができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る