「水野和敏的視点」 vol.19「ダイハツ・ミラ イース」vs「ホンダN BOX」vs「フォルクスワーゲンup!」(前編)

2013.10.11 mobileCG
写真左から「ホンダN BOX」「ダイハツ・ミラ イース」「フォルクスワーゲンup!」。

「水野和敏的視点」 vol.19「ダイハツ・ミラ イース」vs「ホンダN BOX」vs「フォルクスワーゲンup!」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は“日本の足腰”ともいえる軽自動車の対決。燃費ナンバーワンの「ダイハツ・ミラ イース」と販売ナンバーワンの「ホンダN BOX」を“ミスターGT-R”が斬る!



フォルクスワーゲンblack up!
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3545×1650×1495mm/ホイールベース:2420mm/車重:920kg/駆動方式:FF/エンジン:1リッター直3 DOHC 12バルブ/トランスミッション:5AT/最高出力:75ps/6200rpm/最大トルク:9.7kgm/3000-4000rpm/タイヤ:(前)185/50R16 (後)185/50R16/価格:199万円

■「燃費ナンバーワン」対「販売ナンバーワン」

前回このコーナーでは、革新的な国産小型車「ホンダ・フィット」を取り上げました。そして今回からは2度にわたって、日本の軽自動車を見ていきます。
テスト車は、リッター33.4kmのカタログ燃費を誇る「ダイハツ・ミラ イース」と、ホンダの新しいスーパーハイトワゴン「N BOX」。軽自動車の本分に立ち返って、複雑なシステムを使わずに経済性を追求したミラ イース。軽第3位のメーカーに甘んじていたホンダが満を持して投入した、Nシリーズのトップバッター。両車は、どんな内容に仕上がっているのでしょうか?

また今回は、基本的に国内向けに開発された軽自動車と比較するため、フォルクスワーゲンの世界戦略車「up!」にも乗ってみました。全長3545×全幅1650×全高1495mmと、軽規格よりひとまわり大きなボディーを、1リッター直列3気筒(75ps、9.7kgm)で引っ張ります。カタログに表れる数値以上に違いが感じられるのか??そのへんを探っていきます。

用意されたup!は、特別仕様の「black-up!」(199万円)。内外装を黒で統一したオシャレバージョンです。up!というと、鬼才ワルター・デ・シルバの手になるポップな外観に目がひかれますが、むしろ、小型車の基本に忠実な設計、堅実なつくりに感心させられます。

例えばリアシート。Cピラー、ドアの形状がよく考えられているので、無理な姿勢を強いられることなく、スッと乗り込める。頭をブツける心配もない。シートの座面は高め。足を前に放り出すスタイルは取れないので、足元に窮屈さを感じない。up!の場合は、そのうえ床面が手前に向かって少し傾いているので、さらに足を安定して載せられます。

バックレストも、むやみに立てていない。自然な姿勢で座れ、かつインパネまでの距離が取れるので、視覚的にも、室内を広く感じるのです。小型車のお手本のような後席です。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。