トヨタが高速道路における運転支援システム発表

2013.10.11 自動車ニュース
「オートメイテッド ハイウェイ ドライビング アシスト(AHDA)」

トヨタが高速道路における運転支援システム発表

トヨタ自動車は2013年10月11日、自動運転技術を利用した、高速道路(自動車専用道路を含む)における高度運転支援システム「オートメイテッド ハイウェイ ドライビング アシスト(AHDA)」を開発したと発表した。

「AHDA」のデモンストレーション。
「通信利用レーダークルーズコントロール」
「レーントレースコントロール」

AHDAは、安全運転の支援やドライバーの負担軽減を目的として開発されたシステムであり、先行車両と無線通信しながら追従走行する「通信利用レーダークルーズコントロール」と、道路の白線などをセンサーで検出し、最適なラインを走行するようステアリング操作を支援する「レーントレースコントロール」の2つの機能によって構成される。

通信利用レーダークルーズコントロールは、通常のミリ波レーダーセンサーに加えて、次世代ITS技術である車車間通信技術(700MHz帯)で得た先行車の加減速情報を参考に、自車の動きを制御。先行車との同時加減速や、安定した追従走行など、より精緻に車間距離を制御するシステムだ。また、不必要な加減速を低減することで、燃費向上や渋滞の解消などにも貢献するとされている。

一方のレーントレースコントロールは、カメラやミリ波レーダーで得た情報をもとに制御ソフトが適正な走行ラインを算出。そのラインに沿って走行するよう、ステアリングと駆動力、制動力を全車速域で適切に制御するというシステムである。

トヨタは今回開発したAHDAについて、2010年代半ばを目標に商品化するとしている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。