第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治
『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』

2013.10.12 エッセイ

ベーコンはやっぱり悪役だった

試写を見る前に資料を見ていなかったので、不意にケヴィン・ベーコンが出てきて驚いた。予告編にも彼はまったく顔を出していないのである。ベーコンの演じるボビーは、主人公の警官ニック(ライアン・レイノルズ)の同僚だ。以前ふたりで違法薬物の捜査をした際に現場で発見した金塊をネコババしていたのだが、良心がとがめたニックはやはり正直に届け出るべきだと話す。これはやばい展開になってきたぞ……。

もう、先の展開は読める。相手はベーコンなのだ。この男がニヤつきながら登場したら、悪いヤツに決まっている。ベーコン映画を何本も見てきた経験からすれば、彼が親切に振る舞ってもそれは見せかけだけだ。案の定、薬物捜査の任務を遂行中に、銃撃戦に隠れてニックを撃ち殺してしまった。ネタバレなんて言わないでほしい。これはベーコン映画の常識なのだ。

死んだニックの魂は、ゆっくりと天に召されていく。しかし、たどり着いた場所は、どうやら警察みたいだ。ニックの前に現れた監督官(メアリー=ルイズ・パーカー)は、そこが「R.I.P.D.」のオフィスだと告げる。ニューヨーク市警察の「NYPD」やロサンゼルス市警察の「LAPD」ならばわかるが、聞きなれない名だ。これは、Rest in Peace Police Departmentの略称で、成仏できない悪霊を取り締まっているのだという。ニックは警察官としての能力を買われ、エージェントにスカウトされたのだ。

(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
(C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像

第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像

第61回:カウボーイはカプリスに乗って悪霊退治『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。