アルピナB3ビターボ リムジン(FR/8AT)

良質なる速さ 2013.10.21 試乗記 アルピナの新型「B3ビターボ」が、日本上陸を果たした。“至高の作品”とうたわれる、ハイパフォーマンスセダンの実力とは……?

力と美の供宴

「BMW 3シリーズ」のアルピナ版が、「B3ビターボ」である。現行「F30」ベースの最新型は、2013年3月のジュネーブショーで発表された。日本でもセダン(955万円~)とワゴン(1028万円~)が販売されているが、発表から半年の9月時点ですでに2014年5月までのオーダーを受けているという。

3リッターエンジンのベースは、「BMW 335iクーペ」に使われている直噴直列6気筒(N55)。それをツインターボに換えたほか、いずれもオリジナルの鍛造クランクシャフト、クランクケース、吸気パイプ、高圧燃料ポンプ、大容量インタークーラー、ステンレス製のエキゾーストパイプといった専用部品を組み込んで“アルピナ化”を施している。その結果、得られた最高出力は410ps、最大トルクは61.2kgm。ちなみに「335iクーペ」は306psと40.8kgmである。

しかし、アルピナの伝統にのっとって、外観は今度も控えめだ。アルピナブルーのキャンバスに、面相筆で描いたような白いストライプを入れたボディーはむしろシックである。足もとを締めるアルピナ・クラシックホイールも美しい。フィンが細かすぎて、まるでワイヤホイールのように見える20スポークの20インチホイールは、1本約10万円。進行方向の段差には要注意である。

レザーとウッドパネルの室内でスポーツ性を主張していたのはステアリングホイールだ。リムには黒とブルー2色の革が縫い込まれている。変速機は3シリーズで使われているものと基本的に同じZF製8段ATだが、このハンドルの裏側には小さなプッシュボタンを革でくるんだシフトスイッチが備わる。指先で用もなくシフトしたくなるほどタッチのいい変速インターフェイスである。

試乗したのは右ハンドルのセダン。ダッシュボードには“Burkard Bovensiepen GmbH+Co.KG”の社名とともに「013」のシリアルナンバーの入ったプレートが貼られていた。

ボディーのサイドやバンパー下部は、アルピナ特有のデコレーションラインでドレスアップされる。
ボディーのサイドやバンパー下部は、アルピナ特有のデコレーションラインでドレスアップされる。
2つのターボで過給される3リッター直6エンジン。61.2kgmの大トルクを発生する。
2つのターボで過給される3リッター直6エンジン。61.2kgmの大トルクを発生する。
ウッドトリムが与えられるインテリア。青×黒ツートーンのステアリングホイールはオプション扱い。
ウッドトリムが与えられるインテリア。青×黒ツートーンのステアリングホイールはオプション扱い。
センターコンソールには、シリアルナンバーを記したプレートが添えられる。
センターコンソールには、シリアルナンバーを記したプレートが添えられる。

アルピナB3ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る