第15戦日本GP決勝結果【F1 2013 速報】

2013.10.13 自動車ニュース

【F1 2013 速報】第15戦日本GP、ベッテルが自身初の5連勝を飾る

F1世界選手権第15戦日本GP決勝が、2013年10月13日、三重県の鈴鹿サーキット(5.807km)を53周して行われた。

条件次第でチャンピオンになれるレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテル。フリー走行でマシントラブルが起きても、予選で2番手に甘んじても、決勝スタートで3位に落ちても、目下連勝中の王者にとっては大きな問題にはならなかったようだ。

ベッテルは、作戦を異にするチームメイトのマーク・ウェバー、序盤からレースをリードしたロータス・ルノーのロメ・グロジャンを抜いて、トップでチェッカードフラッグを受けた。これで自身初の5連勝、今季9勝目を飾ったことになる。
ただドライバーズランキング2位のフェルナンド・アロンソが4位に入ったことで、タイトル獲得は次戦インドGP以降に持ち越された。

2位に終わったウェバーは、2ストッパーのベッテルに対し3ストッパーで勝負を挑んだが、今季初のポールポジションを勝利に結びつけられず。しかし自身最後の日本GPで、レッドブルの1-2達成には貢献した。
3位には2ストッパーのグロジャンが入った。スタートで首位を奪い力強い走りでリードしたが、ベッテルに先を越され、そして残り2周でウェバーに抜かれ、今年4回目、2戦連続のポディウムに落ち着いた。

フェラーリのアロンソは、もし9位以下でゴールするとベッテルのタイトル獲得に貢献してしまうところだったが、予選8位から4位でフィニッシュした。ロータスのキミ・ライコネンは9番グリッドから5位。前戦韓国GPと同様の力走を披露したザウバー・フェラーリは、ニコ・ヒュルケンベルグが予選7位から韓国と同じ4位までポジションを上げるも、アロンソ、ライコネンにかわされて6位、もう1人のエステバン・グティエレスも健闘し、14番グリッドから7位、チームはダブル入賞を決めた。

メルセデスのニコ・ロズベルグは予選6位からコースオフ、ピットレーンで危険なリリースをしたことによるドライブスルーペナルティー、セルジオ・ペレスとの接触などで精彩を欠き8位、マクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトンは予選10位から9位入賞、フェラーリのフェリッペ・マッサはピットレーンのスピード違反などで遅れ、予選から5番手後退の10位に終わった。

以下、11位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア・メルセデス)、12位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ・フェラーリ)、13位ダニエル・リチャルド(トロロッソ)、14位エイドリアン・スーティル(フォースインディア)、15位セルジオ・ペレス(マクラーレン)、16位パストール・マルドナド(ウィリアムズ・ルノー)、17位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、18位シャルル・ピック(ケイターハム・ルノー)、19位マックス・チルトン(マルシャ・コスワース)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップで、首位ベッテルは297点を獲得。2位アロンソに対してのリードはちょうど90点となった。ランキング3位のライコネンは177点、同4位のルイス・ハミルトンは今回リタイア、無得点で161点のまま、ウェバーは148点で5位をキープしている。

コンストラクターズタイトル争いは、1位レッドブル445点。2位を争うフェラーリとメルセデスは、297点対287点でフェラーリが10点先行した。4位ロータスは264点で、残り4戦の結果次第では2位争奪戦に加わる可能性がある。ランキング5位は、マクラーレンが83点で守っている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。