第318回:イタリア最後のショー「ボローニャモーターショー」開催中止!

2013.10.18 エッセイ

ボローニャよ、お前もか

2013年12月4日からイタリア・ボローニャで開催される予定だった「ボローニャモーターショー」の中止が決定された。
主催者のGLイベンツ社が2013年10月8日に発表したもので、開催に見合う出展者数を確保できなかったことを理由としている。同社は、引き続き国内でのイベント実現を模索するとしているが、今回の決定によって、イタリアから国際モーターショーは姿を消したことになる。

ボローニャショーは1976年に第1回が行われた。
13万平方メートルを超える広い会場に設営された数々のテストトラックで、ハイスピードの走行デモが行われることなどから、1980年代には集客数で同じイタリアのトリノショーを抜いた。

2000年を最後にトリノ・ショーが消滅してからはイタリア唯一の国際自動車工業連合会(OICA)公認ショーとして毎年12月に開催されてきた。
しかし近年は、自動車市場の冷え込みに伴い、出展者数が減少。昨2012年には会期を10日から5日に短縮した。一時は120万人もあった入場者数も、2012年にはその3分の1近い45万人にまで落ち込んでいた。

欧州では2013年、フランスのリヨンでも、1983年以来隔年で開催されてきたモーターショーが中止に追い込まれた。

昨2012年12月に開催されたボローニャモーターショーの会場から。「ルノー・クリオ スポーター」。
昨2012年12月に開催されたボローニャモーターショーの会場から。「ルノー・クリオ スポーター」。
ボローニャショーは、広い会場面積を生かして数々の走行デモが可能なことが自慢だった。これは2008年の模様。
ボローニャショーは、広い会場面積を生かして数々の走行デモが可能なことが自慢だった。これは2008年の模様。
コンパニオンの華やかさも、ボローニャの特徴だった。2010年、ランチアブースで。
コンパニオンの華やかさも、ボローニャの特徴だった。2010年、ランチアブースで。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。