新型「ルノー・ルーテシアR.S.」日本上陸

2013.10.14 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア ルノースポール」。写真は、よりスポーティーなグレードとされる「シャシー カップ」。
「ルノー・ルーテシア ルノースポール」。写真は、よりスポーティーなグレードとされる「シャシー カップ」。 拡大

新型「ルノー・ルーテシア ルノースポール」日本上陸

ルノー・ジャポンは2013年10月14日、「ルーテシア ルノースポール」の新型を発表した。同年11月14日に発売する。

サイドビュー。リアのドアノブが目立たないデザイン処理のおかげで、5ドアながらクーペのようなたたずまい。
サイドビュー。リアのドアノブが目立たないデザイン処理のおかげで、5ドアながらクーペのようなたたずまい。 拡大
マフラーは2本出し。リアエンドにはディフューザーが備わる。
マフラーは2本出し。リアエンドにはディフューザーが備わる。 拡大

■アツい走りの5ドア

「ルーテシア ルノースポール」(以下、ルーテシアR.S.)は、歴代モデルが日本市場で販売されてきた、コンパクトハッチバックのハイパフォーマンスモデル。
今回デビューを飾った新型は、2013年7月に上陸した4代目「ルーテシア」をベースに、本格的なスポーツドライビングが楽しめるマシンとして開発されたものである。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4105×1750×1435mmで、ホイールベースは2600mm。ノーマルのルーテシアとはほぼ変わらず、先代のルーテシアR.S.と比べた場合、85mm長く、20mm幅が狭く、50mm低くなっている(ホイールベースは+15mm)。従来とは違って3ドアモデルは存在せず、ボディー形状は5ドアのみとなる。
外観上は、F1マシンをイメージしたフロントバンパーや、その内側におさまるLEDランプ、リアのディフューザーなどが、高性能モデルならではの特徴。室内も、オレンジ色のシートベルトやステッチ類などで“走りの情熱”が演出されている。
 

1.6リッター直4ターボは、24.5kgmの豊かなトルクを、1750rpmという低回転域で発生するのが特徴。
1.6リッター直4ターボは、24.5kgmの豊かなトルクを、1750rpmという低回転域で発生するのが特徴。 拡大
各所にオレンジの差し色があしらわれるインテリア。
各所にオレンジの差し色があしらわれるインテリア。 拡大
メーターのアップ。「ルーテシア ルノースポール」には、チタン製のシフトパドルが備わる。
メーターのアップ。「ルーテシア ルノースポール」には、チタン製のシフトパドルが備わる。 拡大
「シャシー カップ」には、ブラックの18インチアロイホイール(写真)が与えられる。一方の「シャシー スポール」はシルバーの17インチとなる。
「シャシー カップ」には、ブラックの18インチアロイホイール(写真)が与えられる。一方の「シャシー スポール」はシルバーの17インチとなる。 拡大
今回の発表の場には、前日のF1日本GPで3位に入った、ロータス・ルノーのロメ・グロジャン(写真)も駆けつけ、ファンに新型「ルーテシアR.S.」のデモランを披露するなどした。
今回の発表の場には、前日のF1日本GPで3位に入った、ロータス・ルノーのロメ・グロジャン(写真)も駆けつけ、ファンに新型「ルーテシアR.S.」のデモランを披露するなどした。 拡大

■エンジンもシャシーもさらに進化

機関面での見どころは、200ps/6000rpmと24.5kgm/1750rpmを発生する1.6リッター直4ターボエンジンだ。
ノーマルモデルの1.2リッター直4ターボと比べた場合、アウトプットは80psと5.1kgmの大幅アップ。自然吸気の2リッター直4を搭載していた先代ルーテシアR.S.(202ps/7100rpm、21.9kgm/5400rpm)比でも、排気量こそ小さくなったものの、パワーはほぼ同等、トルクはむしろ増している。6.7秒の0-100km/h加速タイムも、先代の6.9秒を凌駕(りょうが)。「あらゆるサーキットで先代モデルより速いことを目標に開発した」と関係者も胸を張る。

トランスミッションは、EDC(エフィシエント・デュアル・クラッチ)と呼ばれるデュアルクラッチ式の6段ATのみ。構造はノーマルのルーテシアと同じだが、トルクの増大に応じて、より強度に勝るパーツが部分的に採用されている。なお、3ペダルのMT仕様は用意されない。駆動方式は、これまで同様、FFである。
燃費については、欧州の計測値で15.9km/リッターと伝えられる。

“ルノースポールが手がける最新モデル”らしく、ダンパーの内部にセカンダリーダンパーを組み込むことで最適な減衰力を実現したという「HCC(ハイドロリック・コンプレッション・コントロール)」や、「R.S.デフ」と呼ばれる電子制御ディファレンシャルに代表される、シャシーの作りこみもセリングポイントだ。また、ボタンひとつで3種類の走行モードが選べる「R.S.ドライブ」や、ローンチコントロール機能なども標準で備わる。

そんな新型ルーテシアR.S.は、比較的“普段使い”も意識して足まわりをセッティングした「シャシー スポール」と、サーキット走行をも視野に入れてスプリングレートやステアリングのギア比を変更した「シャシー カップ」の、2タイプが用意されている。
価格は、シャシー スポールが299万円で、シャシー カップが10万円高の309万円。いずれも11月14日に販売が開始される。ボディーカラーは5色用意されるものの、イメージカラーの黄色(ジョン シリウス メタリック)はシャシー カップのみで選択可能。台数限定のうえ15万円高(324万円)での扱いとなる。

(webCG 関)

→新型「ルーテシア ルノースポール」の詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ルーテシアR.S.ルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
ホームへ戻る