ジャガー、「XF」のワゴンバージョンを公開

2012.03.02 自動車ニュース
「ジャガーXFスポーツブレーク」
ジャガー、「XF」のワゴンバージョンを公開

ジャガー、「XF」のワゴンバージョンを公開

2012年2月29日、英ジャガー・ランドローバーは、ジュネーブモーターショーで発表予定のニューモデル「ジャガーXFスポーツブレーク」の概要を公開した。

ジャガーの「XF」は「Sタイプ」の後継として2007年にデビューした、いわゆる欧州Eセグメントに属するミディアムクラスサルーン。「XFスポーツブレーク」は、そのステーションワゴン版である。ジャガーとしては2008年モデルを最後に消えたスモールジャガーの「Xタイプ」以来のワゴンであり、「メルセデス・ベンツEクラス ワゴン」、「BMW5シリーズ ツーリング」、「アウディA6アバント」などの顧客をターゲットに開発された。

ジャガーいわく、「XF」は「スポーツカーのスタイリングとダイナミクスが、ラグジュアリーサルーンの快適性と融合したモデル」である。「XFスポーツブレーク」は、その「XF」サルーンの魅力を失うことなく、さらに実用性、多用途性を高めたスポーツワゴンであるという。

マッチョでダイナミックながら、エレガントでもあるとうたわれるボディーは、Bピラーから前は「XF」と同じだが、そこから後方は新たに作り直されている。ボディーサイズはホイールベース2909mm、全長4966mm、全幅1877mmで、サルーンとの違いは全長が5mm長いだけである(全高は未公表)。ラゲッジルームの容量は550リッターで、バックレストが60:40分割式のリアシートを倒すと、荷室長1970mm、容量1675リッターの広大なスペースが出現する。

エンジンは2.2リッター直4と3リッターV6のターボディーゼルで、「XF」サルーンにある5リッターV8ガソリンと同スーパーチャージド版は用意されない(欧州仕様では、日本仕様にある3リッターV6ガソリン版は存在しない)。2.2リッターには、燃費とエミッションの削減に貢献するアイドリングストップ機構が組み合わされる。ツインターボが備わる3リッターV6の高性能版は、275psの最高出力と61.1kgmという最大トルクを誇る。トランスミッションはいずれも8段ATである。

そのほかのメカニズムは基本的に「XF」サルーンに準じるが、リアサスペンションにはサルーンのコイルスプリングに代えて、セルフレベリング機構付きエアサスペンションを導入。荷重の大小にかかわらず、サルーンと遜色のないハンドリングと乗り心地を実現したという。また、日本仕様のサルーンでは「XFR」に標準装備されている、電子制御サスペンションシステムの「アダプティブ ダイナミクス」が全車にオプション設定される。

「XFスポーツブレーク」は、ヨーロッパでは2012年10月に発売予定という。

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
XFジャガージュネーブモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC HSE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.6.6 試乗記 “ベイビージャガー”を名乗る、ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」に試乗。ボディーの内外に同門のピュアスポーツカー「Fタイプ」の面影を強く感じさせるブランニューモデルは、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る