ジープ・コンパス リミテッド(4WD/6AT)

確かな存在意義がある 2013.10.23 試乗記 SUVの老舗が出したシティークルーザーとして話題を呼んだ「ジープ・コンパス」に、2.4リッターの4WD車が登場。その乗り味を試した。

荒野よりも都会が似合う

ジープはランドローバーと並ぶ、SUV専門ブランドの代表である。しかしこれまで両車がたどってきた歩みは、微妙に異なっている。
1994年発表の「トヨタRAV4」あたりが契機になって、エンジン横置きのパワートレインを用いたSUVが普及しはじめたときの対応もそうだ。保守的といわれる英国のランドローバーがわずか3年後に「フリーランダー」で答えを出したのに対し、自由の国アメリカのジープが同様の成り立ちを持つ「コンパス」を発表したのは2006年だった。

先月ひさしぶりにアメリカに行ってあらためて感じたことだが、かの地ではエンジンの搭載方向や駆動方式にこだわる人は多くない。セダンの多くは横置きパワートレインの前輪駆動だし、トーイング性能が問われるSUVも横置き化が進んでいる。
そんな中でジープは長年にわたり、「オフロードのニュルブルクリンク」と呼ばれるルビコントレイルの走破を課しており、走破の証しとして「トレイルレイテッド」バッジを与えてきた。でもそこに固執していては時代の波に乗れないと考えたのか、コンパスはジープ史上初めて、トレイルレイテッドバッジを持たないモデルとなった。

その後ジープを擁するクライスラーは「チャプター11」(連邦破産法第11章)を受け入れるという試練に直面したものの、救いの手を差し伸べたフィアットの意向もあってコンパスは歩みを続けることになり、2011年に顔つきを「グランドチェロキー」風に一新するなどのマイナーチェンジを行うと、翌年2リッター・FFというスペックで日本上陸を果たした。

発売直後に乗ったそのクルマは、シティークルーザーというインポーターの言葉とは裏腹に、前輪駆動ながらジープらしさを随所に残した、好ましき一台だったと記憶している。でもその後、コンパスを街で見かける機会は少ない。ほぼ同時に上陸した、ほぼ同じ車格を持つあのクルマとは対照的だ。

「ジープ・コンパス」はシティーユースを重視したSUVとして2006年にデビュー。日本では2012年に販売が開始された。今回試乗した4WD車は2013年5月に発表、7月に発売されたものだ。
「ジープ・コンパス」はシティーユースを重視したSUVとして2006年にデビュー。日本では2012年に販売が開始された。今回試乗した4WD車は2013年5月に発表、7月に発売されたものだ。
2013年5月の改良では、ダッシュボードにシルバーの加飾パネルを装備するなど、インテリアの一部を変更。テスト車にはディーラーオプションのナビが装着されていた。
2013年5月の改良では、ダッシュボードにシルバーの加飾パネルを装備するなど、インテリアの一部を変更。テスト車にはディーラーオプションのナビが装着されていた。
シート表皮は、FF車の「スポーツ」にはファブリック、4WD車の「リミテッド」(写真)にはレザーを採用。リミテッドの運転席と助手席には、シートヒーターが標準で装備される。
シート表皮は、FF車の「スポーツ」にはファブリック、4WD車の「リミテッド」(写真)にはレザーを採用。リミテッドの運転席と助手席には、シートヒーターが標準で装備される。
リアシートは40:60の分割可倒式で、倒すと1517リッターのスペースが得られる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
リアシートは40:60の分割可倒式で、倒すと1517リッターのスペースが得られる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンパスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る