「アバルト595」の50周年記念限定車が登場

2013.10.16 自動車ニュース
「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」
「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」

「アバルト595」の50周年記念限定車が登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年10月15日、「アバルト595」の50周年記念限定車「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」の予約受付を開始した。発売は2014年4月の予定で、世界限定299台のうち、日本へは50台が導入される。

 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像
 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像
 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像
 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像

今回の限定モデルは、1963年のトリノモーターショーで発表された「フィアットアバルト595」の誕生50周年を記念して設定されたもので、かつての595のモチーフが内外装の随所に採用されている。

具体的には、エクステリアにはオリジナルにちなんだ「Fiat Abarth 595」のサイドストライプや、赤いライナーを施した17インチのアロイホイールを採用。一方インテリアには、オリジナルのシートを現代的に解釈した赤と白の本革スポーツシートや、赤いアクセントとセンターポジションの入ったレザーステアリングホイールを装備するほか、ステアリングホイールとブレーキペダルにはヒストリックロゴをあしらっている。

パワーユニットも通常の「595」とは異なり、「695エディツィオーネ マセラティ」や「695トリブート フェラーリ」と同じ1.4リッター直4ターボエンジンを採用。最高出力は180ps、最大トルクは25.5kgmとなっている。これに組み合わせるトランスミッションには、シフト時間を短縮したシングルクラッチ式5段ATの「アバルト コンペティツィオーネ」を採用。ステアリングホイールにはレーシングスタイルのパドル式スイッチを装備している。

ハンドル位置は左、ボディーカラーはパールホワイトのみの設定。価格は484万9200円となっている。(配車は2014年4月以降となるので、消費税は8%で計算している)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

595ツーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595 2017.2.20 画像・写真 FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。発売は2月25日。前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになり、エアインテークには「ABARTH」の浮き文字があしらわれた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
ホームへ戻る