「アバルト595」の50周年記念限定車が登場

2013.10.16 自動車ニュース
「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」
「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」

「アバルト595」の50周年記念限定車が登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年10月15日、「アバルト595」の50周年記念限定車「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」の予約受付を開始した。発売は2014年4月の予定で、世界限定299台のうち、日本へは50台が導入される。

 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像
 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像
 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像
 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像

今回の限定モデルは、1963年のトリノモーターショーで発表された「フィアットアバルト595」の誕生50周年を記念して設定されたもので、かつての595のモチーフが内外装の随所に採用されている。

具体的には、エクステリアにはオリジナルにちなんだ「Fiat Abarth 595」のサイドストライプや、赤いライナーを施した17インチのアロイホイールを採用。一方インテリアには、オリジナルのシートを現代的に解釈した赤と白の本革スポーツシートや、赤いアクセントとセンターポジションの入ったレザーステアリングホイールを装備するほか、ステアリングホイールとブレーキペダルにはヒストリックロゴをあしらっている。

パワーユニットも通常の「595」とは異なり、「695エディツィオーネ マセラティ」や「695トリブート フェラーリ」と同じ1.4リッター直4ターボエンジンを採用。最高出力は180ps、最大トルクは25.5kgmとなっている。これに組み合わせるトランスミッションには、シフト時間を短縮したシングルクラッチ式5段ATの「アバルト コンペティツィオーネ」を採用。ステアリングホイールにはレーシングスタイルのパドル式スイッチを装備している。

ハンドル位置は左、ボディーカラーはパールホワイトのみの設定。価格は484万9200円となっている。(配車は2014年4月以降となるので、消費税は8%で計算している)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

595ツーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
ホームへ戻る