「アバルト595」の50周年記念限定車が登場

2013.10.16 自動車ニュース
「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」
「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」

「アバルト595」の50周年記念限定車が登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年10月15日、「アバルト595」の50周年記念限定車「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」の予約受付を開始した。発売は2014年4月の予定で、世界限定299台のうち、日本へは50台が導入される。

 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像
 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像
 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像
 
「アバルト595」の50周年記念限定車が登場の画像

今回の限定モデルは、1963年のトリノモーターショーで発表された「フィアットアバルト595」の誕生50周年を記念して設定されたもので、かつての595のモチーフが内外装の随所に採用されている。

具体的には、エクステリアにはオリジナルにちなんだ「Fiat Abarth 595」のサイドストライプや、赤いライナーを施した17インチのアロイホイールを採用。一方インテリアには、オリジナルのシートを現代的に解釈した赤と白の本革スポーツシートや、赤いアクセントとセンターポジションの入ったレザーステアリングホイールを装備するほか、ステアリングホイールとブレーキペダルにはヒストリックロゴをあしらっている。

パワーユニットも通常の「595」とは異なり、「695エディツィオーネ マセラティ」や「695トリブート フェラーリ」と同じ1.4リッター直4ターボエンジンを採用。最高出力は180ps、最大トルクは25.5kgmとなっている。これに組み合わせるトランスミッションには、シフト時間を短縮したシングルクラッチ式5段ATの「アバルト コンペティツィオーネ」を採用。ステアリングホイールにはレーシングスタイルのパドル式スイッチを装備している。

ハンドル位置は左、ボディーカラーはパールホワイトのみの設定。価格は484万9200円となっている。(配車は2014年4月以降となるので、消費税は8%で計算している)

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る