メルセデス・ベンツS550ロング(FR/7AT)/S400ハイブリッド エクスクルーシブ(FR/7AT)

この車を見よ 2013.10.20 試乗記 “最高の自動車"を目指して開発したという、最新の「メルセデス・ベンツSクラス」。その仕上がりや、いかに? V6ベースのハイブリッドとV8ガソリン、2つのモデルに試乗した。

安心できる新しさ

なんとまあラグジュアリーな室内であることよ。「最善か無か」の社是を再び掲げ、自動車の進化を先導するメルセデス・ベンツのフラッグシップ、新型「Sクラス」の試乗会に臨むわれわれ取材陣の勇んだ気持ちをするりと受け流し、「まあまあ、まずはくつろいで」となだめるような感じの華麗なインテリアである。とりわけ最初に乗った試乗車は、グレー基調の内装にアルミのように輝く処理を施した特別仕様「designoメタライズドアッシュウッドインテリアトリム」を組み合わせたものであり、それはエレガントとかラグジュアリーを通り越して扇情的ですらあった。
といっても、落ち着かないほどアバンギャルドで奇をてらった仕立てではない。メインの計器とナビゲーションなどは、横幅ではウチのテレビよりも間違いなく巨大な、12.3インチTFTカラーディスプレイを2つ並べたモニターにそれぞれ表示され、明らかに最新のモデルであることを感じさせるが、全体的にはいかにもメルセデスらしいクラシックさも併せ持ち、例によってあるべきところに必要な操作系が据えられているせいで、経験者なら事前の予習なしでもまごつくことなく即座に走りだせるように仕立てられている。どれほどの先進的機能を満載しても、そもそもSクラスは取り立てて新奇さを強調する必要はない。あらゆる自動車、少なくとも実用性を追求するメインストリーマーの規範であり目標であることを期待され、それに応え続けてきたのがメルセデスSクラスだ。求められているのはいつも真っ向勝負の横綱相撲である。

すべての操作系と同じく実に滑らかに動くセレクターを「D」に入れると、標準ボディーで全長およそ5.1mの巨体はスルリと音もなく滑り出す。それもそのはず、新しい日本仕様Sクラスのベーシックモデルは「S400ハイブリッド」。先に登場した「E400ハイブリッド」と同じ3.5リッター直噴V6(306ps、37.7kgm)に20kW(27ps)を生み出す電動モーターを加えたパワートレインを備え、一定条件下ではモーター走行ができるように進化した第2世代のハイブリッドである。しかもその車両価格は1090万円。従来型のエントリーモデル「S350」(1085万円)と事実上変わらない値付けは、他のモデルも含めて、装備の高度化と充実度を考えれば破格と言ってもいいほど。日本市場への腰を据えた取り組みがうかがえる戦略的価格である。

クラス最高レベルのエアロダイナミクス(Cd値=0.24)がうたわれる、新型「Sクラス」のサイドビュー。写真は、長めのホイールベースを持つ「S550ロング」。
クラス最高レベルのエアロダイナミクス(Cd値=0.24)がうたわれる、新型「Sクラス」のサイドビュー。写真は、長めのホイールベースを持つ「S550ロング」。
受注生産のオプション「designoメタライズドアッシュウッドインテリアトリム」を組み込んだ、「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」のインテリア。同モデルは右ハンドル仕様のみ。
受注生産のオプション「designoメタライズドアッシュウッドインテリアトリム」を組み込んだ、「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」のインテリア。同モデルは右ハンドル仕様のみ。
計器類は、12.3インチの液晶パネル内にアニメーションで表示される。その隣には、ナビ情報などを表示する同サイズのディスプレイが並べられる。
計器類は、12.3インチの液晶パネル内にアニメーションで表示される。その隣には、ナビ情報などを表示する同サイズのディスプレイが並べられる。
「S400ハイブリッド」のパワーユニット。35km/hまではモーターのみでのEV走行も可能。
「S400ハイブリッド」のパワーユニット。35km/hまではモーターのみでのEV走行も可能。

メルセデス・ベンツS550ロング(FR/7AT)/S400ハイブリッド エクスクルーシブ(FR/7AT)【試乗記】の画像
関連記事 ホームへ戻る