マツダが2.5リッターの「CX-5」などを発売

2013.10.17 自動車ニュース

マツダが2.5リッターの「CX-5」などを発売

マツダは2013年10月17日、一部商品改良を行ったクロスオーバーSUV「CX-5」を発売した。2.5リッターガソリンエンジン搭載車を設定したほか、全車で安全装備を充実させた。また、特別限定車「2013アニバーサリー」を、予定を前倒しして同日発売した。(関連記事はこちら)

■FF車と4WD車を設定

新たに設定された2.5リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」搭載車には、FF車のほか、「電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WD」を採用した4WD車が設定される。JC08モード燃費はFF車が15.2km/リッターで4WD車が14.6km/リッター。価格は253万500円~281万4000円。

また今回、全車を対象として、低速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で軽減する「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」が標準装備とされた。
加えて、新仕様のリアダンパーの採用によって乗り心地が改善されたほか、内装ではATシフトセレクターまわりのデザインが変更された。

特別限定車「2013アニバーサリー」については、当初2013年10月24日の発売が予定されていたが、前倒しして10月17日に変更された。ベース車は「XD Lパッケージ」と「25S Lパッケージ」で、専用の内外装が採用される。価格は283万5000円~342万3000円。

(webCG)

「マツダCX-5 25S Lパッケージ」
「マツダCX-5 25S Lパッケージ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る