マツダが2.5リッターの「CX-5」などを発売

2013.10.17 自動車ニュース

マツダが2.5リッターの「CX-5」などを発売

マツダは2013年10月17日、一部商品改良を行ったクロスオーバーSUV「CX-5」を発売した。2.5リッターガソリンエンジン搭載車を設定したほか、全車で安全装備を充実させた。また、特別限定車「2013アニバーサリー」を、予定を前倒しして同日発売した。(関連記事はこちら)

■FF車と4WD車を設定

新たに設定された2.5リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」搭載車には、FF車のほか、「電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WD」を採用した4WD車が設定される。JC08モード燃費はFF車が15.2km/リッターで4WD車が14.6km/リッター。価格は253万500円~281万4000円。

また今回、全車を対象として、低速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で軽減する「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」が標準装備とされた。
加えて、新仕様のリアダンパーの採用によって乗り心地が改善されたほか、内装ではATシフトセレクターまわりのデザインが変更された。

特別限定車「2013アニバーサリー」については、当初2013年10月24日の発売が予定されていたが、前倒しして10月17日に変更された。ベース車は「XD Lパッケージ」と「25S Lパッケージ」で、専用の内外装が採用される。価格は283万5000円~342万3000円。

(webCG)

「マツダCX-5 25S Lパッケージ」
「マツダCX-5 25S Lパッケージ」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • マツダ、運転支援システムの設定を大幅に拡大 2017.3.13 自動車ニュース マツダが「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる運転支援システムの設定を大幅に拡大。2017年度中に、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5モデルにおいて、標準装備化すると発表した。
ホームへ戻る