「レクサスGS」に新ハイブリッドモデルが登場

2013.10.17 自動車ニュース
「レクサスGS300h“バージョンL”」
「レクサスGS300h“バージョンL”」

「レクサスGS」に新ハイブリッドモデル「GS300h」が登場

トヨタ自動車は2013年10月17日、レクサスブランドのミドルサイズセダン「GS」に一部改良を実施するとともに、ハイブリッドモデル「GS300h」を追加設定し、販売を開始した。

「GS450h“Fスポーツ”」
「GS450h“Fスポーツ”」

新グレードの「GS300h」は、2.5リッター直4エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載したモデルで、システム全体で220ps(162kW)という最高出力と、23.2km/リッター(JC08モード)の燃費性能を実現している。

また、今回の一部改良では「GS350」のFR車に8段AT「8-Speed SPDS」を採用したほか、全グレードに車線変更時の安全運転を支援するブラインドスポットモニターをオプション設定。ヘッドアップディスプレイをカラー表示に変更した。また、オートエアコンやシートヒーター、シートベンチレーションを統合制御する「レクサス クライメイト コンシェルジュ」を、各グレードの“バージョンL”“Fスポーツ”“Iパッケージ”に標準で採用。“バージョンL”は3座独立調整式、その他は運転席・助手席独立調整式となっている。

内外装についても仕様の一部を変更しており、インテリアではバンブーのオーナメントパネルを全グレードの“バージョンL”と“Iパッケージ”で選択可能としたほか、ウォールナットと縞杢(しまもく)の本木目パネルを“Fスポーツ”にも設定した。

一方エクステリアでは、フロントフォグランプをLEDタイプに変更したほか、LEDクリアランスランプに昼間の被視認性を高めるデイライト機能を追加。“バージョンL”には、19インチアルミホイールをオプション設定した。またボディーカラーに “Fスポーツ”専用色の「ホワイトノーヴァガラスフレーク」を追加し、全11色のラインナップとした。

価格は514万円~804万円。新グレードの「GS300h」は、標準車が580万円、“Iパッケージ”が620万円、“Fスポーツ”が660万円、“バージョンL”が670万円となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
ホームへ戻る