日産、電動レーシングカー「ZEOD RC」を公開

2013.10.17 自動車ニュース
「日産ZEOD RC」
「日産ZEOD RC」

日産、電動レーシングカー「ZEOD RC」を公開

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は2013年10月17日、電力で駆動するレーシングカー「日産ZEOD RC(ズィーオッド アールシー)」を、日本国内で初めて公開した。

開発に携わるベン・ボウルビー氏(写真左)と、宮谷正一 ニスモ社長(写真中央)がアンベール。「富士のデモランでは、まだ全開走行ができません。ニスモはそれだけチャレンジングな開発に取り組んでいるのだとご理解ください」(宮谷社長)。
開発に携わるベン・ボウルビー氏(写真左)と、宮谷正一 ニスモ社長(写真中央)がアンベール。「富士のデモランでは、まだ全開走行ができません。ニスモはそれだけチャレンジングな開発に取り組んでいるのだとご理解ください」(宮谷社長)。
ルマン本番でステアリングをにぎる、M.クルムも登壇。「ZEOD RCはスローダウンが難しい。ブレーキングが今後の課題でしょう」。
ルマン本番でステアリングをにぎる、M.クルムも登壇。「ZEOD RCはスローダウンが難しい。ブレーキングが今後の課題でしょう」。

日産、電動レーシングカー「ZEOD RC」を公開の画像
コックピットの様子。シートは、やや右寄りにオフセットされている。
コックピットの様子。シートは、やや右寄りにオフセットされている。

日産、電動レーシングカー「ZEOD RC」を公開の画像

ZEOD RCは、2014年のルマン24時間耐久レース出場を前提に、現在日産が開発を進めているレーシングカー。まだ完成形ではないものの、10月18-20日に富士スピードウェイで開催される世界耐久選手権(WEC)において、デモランの披露が予定されている。

ルマンで「ガレージ56」(=革新的な技術を披露するマシンのための特別枠)から出走するとおり、ZEOD RCは電動レーシングカーの可能性や新しい電気自動車技術を探る、テスト車両としての役割を担う。

四輪車でありながら、まるで三輪車のように見えるエクステリアは、エアロダイナミクスを追求したものであり、エネルギー効率を突き詰めた結果、車重はわずか600kgにおさめられている。
コックピットは単座で、シートは右寄りにオフセット。その後ろには、300km/hの最高速を可能とするモーターが置かれる。併せて小排気量のターボエンジン(出力は未定)も搭載され、ドライバーはレース中、スイッチ操作で動力源を切り替える。
つまり、ZEOD RCは“オンデマンド型のEV”であり、ルマン本番では「1周を電力のみで走行したのち、続く11周はガソリンエンジンで走行しつつ、減速エネルギーを回生。そのパワーで1周はモータードライブ……」という、12周ごとの周期でレースをこなすことになるという。

本番までに残された時間は、半年程度。「それまで、(レーシングカーの開発はひそかに進められるのが普通だが)ZEOD RCの情報はオープンにしたい。ファンとの交流を通じて、モータースポーツの活性化を図りたいのです」とは、開発陣の弁である。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。