シトロエンC4ピカソ(FF/6MT)/グランドC4ピカソ(FF/6AT)

主張するミニバン 2013.10.22 試乗記 シトロエンの手にかかると、退屈なミニバンすら、かくもエスプリに富んだ摩訶(まか)不思議なカタチになる。モデルチェンジしたミニバン界のキュビスト(?)「C4ピカソ」シリーズに、ドイツとオーストリアで試乗した。

新型では5シーター仕様も上陸予定

パブロ・ピカソ(の権利の管理者)から使用権を買い取って名乗り、彼のサインをかたどってエンブレムに使用するシトロエンのミニバン、「ピカソ」。「クサラピカソ」に始まって、現在は「C3ピカソ」と「C4ピカソ」(5シーター)、「グランドC4ピカソ」(7シーター)をラインナップする。一方、日本では、「グランドC4ピカソ」が「C4ピカソ」の名で販売されてきた。モデルチェンジしたC4ピカソ、およびグランドC4ピカソをミュンヘンとザルツブルグ近辺で試乗した。

新型はプジョー・シトロエンが開発した新しいプラットフォーム「EMP2」を用いた第1弾として、2013年5月に5シーターが、同10月に7シーターが登場した。ちなみに第2弾は新しい「プジョー308」。今後、Cセグメント以上のプジョー・シトロエンが順次このプラットフォームを使うはずだ。
EMPとはEfficient Modular Platformの略。各社がこぞって取り入れるモジュラー式のプラットフォームでホイールベースの長短を自由自在に設定でき、リアサスは基本はトーションビームだが、マルチリンクにも対応可能というから、今後、高価格のクルマや4WD車ではそうなっていくのだろう。軽量化にも力が入れられたという。

今回、プジョー・シトロエン・ジャポンがわれわれ日本のメディアにC4ピカソとグランドC4ピカソの両方をテストする機会を与えてくれたのは、新型では5シーターと7シーターの両方を販売する予定だからだ。現行型C4ピカソは7シーターのみ導入されたが、新型には自信があるのだろう、販売台数を増やすために弾の数を増やす作戦だ。大は小を兼ねる国、ニッポンではどういう販売比率になるだろう? といったことも想像しながら乗り比べてみた。

新型「C4ピカソ」シリーズには、PSAプジョー・シトロエンの小型/中型車用モジュラープラットフォーム「EMP2」が用いられる。ホイールベースや地上高の設定などに高い柔軟性を持つという。
新型「C4ピカソ」シリーズには、PSAプジョー・シトロエンの小型/中型車用モジュラープラットフォーム「EMP2」が用いられる。ホイールベースや地上高の設定などに高い柔軟性を持つという。
通算2代目となる新型でも、5人乗りを「C4ピカソ」(写真)、7人乗りを「グランドC4ピカソ」と呼ぶ。わが日本市場では、これまで後者を「C4ピカソ」と呼んだ。
通算2代目となる新型でも、5人乗りを「C4ピカソ」(写真)、7人乗りを「グランドC4ピカソ」と呼ぶ。わが日本市場では、これまで後者を「C4ピカソ」と呼んだ。
こちらは7人乗りの「グランドC4ピカソ」。5人乗り仕様とは、全長と乗車定員が異なるだけではない。旧型同様、フロントのバンパー/グリルやボディー側面のデザインなどに違いが見られる。また、ルーフまで回り込んだ大きな「パノラミックフロントウィンドウ」も新型に受け継がれている。
こちらは7人乗りの「グランドC4ピカソ」。5人乗り仕様とは、全長と乗車定員が異なるだけではない。旧型同様、フロントのバンパー/グリルやボディー側面のデザインなどに違いが見られる。また、ルーフまで回り込んだ大きな「パノラミックフロントウィンドウ」も新型に受け継がれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4ピカソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る