クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

シトロエンC4ピカソ(FF/6MT)/グランドC4ピカソ(FF/6AT)

主張するミニバン 2013.10.22 試乗記 シトロエンの手にかかると、退屈なミニバンすら、かくもエスプリに富んだ摩訶(まか)不思議なカタチになる。モデルチェンジしたミニバン界のキュビスト(?)「C4ピカソ」シリーズに、ドイツとオーストリアで試乗した。

新型では5シーター仕様も上陸予定

パブロ・ピカソ(の権利の管理者)から使用権を買い取って名乗り、彼のサインをかたどってエンブレムに使用するシトロエンのミニバン、「ピカソ」。「クサラピカソ」に始まって、現在は「C3ピカソ」と「C4ピカソ」(5シーター)、「グランドC4ピカソ」(7シーター)をラインナップする。一方、日本では、「グランドC4ピカソ」が「C4ピカソ」の名で販売されてきた。モデルチェンジしたC4ピカソ、およびグランドC4ピカソをミュンヘンとザルツブルグ近辺で試乗した。

新型はプジョー・シトロエンが開発した新しいプラットフォーム「EMP2」を用いた第1弾として、2013年5月に5シーターが、同10月に7シーターが登場した。ちなみに第2弾は新しい「プジョー308」。今後、Cセグメント以上のプジョー・シトロエンが順次このプラットフォームを使うはずだ。
EMPとはEfficient Modular Platformの略。各社がこぞって取り入れるモジュラー式のプラットフォームでホイールベースの長短を自由自在に設定でき、リアサスは基本はトーションビームだが、マルチリンクにも対応可能というから、今後、高価格のクルマや4WD車ではそうなっていくのだろう。軽量化にも力が入れられたという。

今回、プジョー・シトロエン・ジャポンがわれわれ日本のメディアにC4ピカソとグランドC4ピカソの両方をテストする機会を与えてくれたのは、新型では5シーターと7シーターの両方を販売する予定だからだ。現行型C4ピカソは7シーターのみ導入されたが、新型には自信があるのだろう、販売台数を増やすために弾の数を増やす作戦だ。大は小を兼ねる国、ニッポンではどういう販売比率になるだろう? といったことも想像しながら乗り比べてみた。

新型「C4ピカソ」シリーズには、PSAプジョー・シトロエンの小型/中型車用モジュラープラットフォーム「EMP2」が用いられる。ホイールベースや地上高の設定などに高い柔軟性を持つという。
新型「C4ピカソ」シリーズには、PSAプジョー・シトロエンの小型/中型車用モジュラープラットフォーム「EMP2」が用いられる。ホイールベースや地上高の設定などに高い柔軟性を持つという。 拡大
通算2代目となる新型でも、5人乗りを「C4ピカソ」(写真)、7人乗りを「グランドC4ピカソ」と呼ぶ。わが日本市場では、これまで後者を「C4ピカソ」と呼んだ。
通算2代目となる新型でも、5人乗りを「C4ピカソ」(写真)、7人乗りを「グランドC4ピカソ」と呼ぶ。わが日本市場では、これまで後者を「C4ピカソ」と呼んだ。 拡大
こちらは7人乗りの「グランドC4ピカソ」。5人乗り仕様とは、全長と乗車定員が異なるだけではない。旧型同様、フロントのバンパー/グリルやボディー側面のデザインなどに違いが見られる。また、ルーフまで回り込んだ大きな「パノラミックフロントウィンドウ」も新型に受け継がれている。
こちらは7人乗りの「グランドC4ピカソ」。5人乗り仕様とは、全長と乗車定員が異なるだけではない。旧型同様、フロントのバンパー/グリルやボディー側面のデザインなどに違いが見られる。また、ルーフまで回り込んだ大きな「パノラミックフロントウィンドウ」も新型に受け継がれている。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

「個性」と「実用性」の好バランス

まず形。5シーターと7シーターでは、全長はもちろん異なるが、リアデザインにも明確な違いがある。それもそのはずで、違う人がデザインした。5シーターはそこに人が乗らないためにリアウィンドウをやや寝かせ、横から見ると卵のようなシルエットなのに対し、7シーターはリアウィンドウを立てて、室内スペースを稼いでいる。
また7シーターでは、Aピラーからルーフレールを経由し、リアクオーターウィンドウをぐるりと樹脂の化粧パネルが覆う。これはボディーカラーを問わずガンメタ色で統一。シルバーなどの明るいボディーカラーでは、強いアクセントになっていた。まったくシトロエンのデザイナーはすぐ遊ぶ。

ボディーサイズは7シーターの場合、現行型と比べ、全長、全幅は変わらず、全高が50mmほど低くなった。全長が変わらないにもかかわらずホイールベースが110mm伸びたおかげで、後席はもちろん荷室スペースも拡大された。

フロントマスクは大きく変わった。シルバーの2本線がフロントを横断し、中央がダブルシェブロンのロゴになっているのは、シトロエンの「C」シリーズの新しい約束事。2本線の両端にLEDランプが埋め込まれ、本来はデイタイム・ランニングランプとして機能するが、法規上それが許されない日本では光量を落としてアクセサリーランプになるはずだ。このLEDがヘッドランプだったらすてきだが、実際のヘッドランプはその下にある。顔つきは現行型に比べスッキリした。スッキリし過ぎてのっぺりしたと感じる人もいるかもしれない。

インテリアも変わった。引き続きセンター・デジタルメーターが採用されたが、今度は12インチの大型スクリーンがどーんと配置される。3つのゾーンに分かれていて、スピード、エンジン回転からエアコン、カーナビ、オーディオまでのさまざまな情報から3つを、ある程度好きに組み合わせて表示させることができる。主要な操作をその下の7インチタッチパネルで行うため、スイッチの数は減った。
外観も含め、全体の印象は純粋にフューチャリスティックにも見えるし、どこかレトロフューチャーな路線にも見え、悪くない。なんかこうダフト・パンクの頭みたい。

「グランドC4ピカソ」のサイドビュー。Aピラーからルーフを経由してDピラーに回り込むガンメタ色の「ルーフアーチ」が特徴的。(写真=塩見 智)
「グランドC4ピカソ」のサイドビュー。Aピラーからルーフを経由してDピラーに回り込むガンメタ色の「ルーフアーチ」が特徴的。(写真=塩見 智) 拡大
センターメーターレイアウトを従来型から継承する。ただし、モニターは12インチのパノラミックHDスクリーンに置き換えられている。さらにその下方には7インチのタッチパネル液晶が配置されている。
センターメーターレイアウトを従来型から継承する。ただし、モニターは12インチのパノラミックHDスクリーンに置き換えられている。さらにその下方には7インチのタッチパネル液晶が配置されている。 拡大
「グランドC4ピカソ」のシートレイアウトを示したカットモデル。従来型と同様に、前から2-3-2座の、全席独立式の7座となる。2列目以降のシート形状は、旧型のものとよく似ている。なお、今回の試乗車は「エクスクルーシブ」というレザーシート仕様だった。
「グランドC4ピカソ」のシートレイアウトを示したカットモデル。従来型と同様に、前から2-3-2座の、全席独立式の7座となる。2列目以降のシート形状は、旧型のものとよく似ている。なお、今回の試乗車は「エクスクルーシブ」というレザーシート仕様だった。 拡大
「グランドC4ピカソ」の2列目および3列目シートをたたんだところ。床面がフラットな、広大な荷室をつくりだすことができる。欧州では一部の上級グレードで電動式リアハッチゲートが装備される。
「グランドC4ピカソ」の2列目および3列目シートをたたんだところ。床面がフラットな、広大な荷室をつくりだすことができる。欧州では一部の上級グレードで電動式リアハッチゲートが装備される。 拡大
5シーターの「C4ピカソ」の荷室容量は、後席を立てた状態で従来比40リッター増の537リッター。(クリックすると後席が倒れる様子が見られます)
5シーターの「C4ピカソ」の荷室容量は、後席を立てた状態で従来比40リッター増の537リッター。(クリックすると後席が倒れる様子が見られます) 拡大

新しいシトロエンらしさをぜひ日本にも

エンジンは現行型から引き継ぐガソリン1.6リッター直4ターボ(最高出力156ps、最大トルク24.5kgm)と、新開発のディーゼル2リッター直4ターボ(150ps、37.7kgm)が搭載される。トランスミッションは6MTかコンベンショナルな6ATを選べる。ATは現行型の日本仕様で用いられる6段のRMT(ロボタイズド・マニュアル・トランスミッション)とは打って変わってスムーズで、扱いにくさは過去のものとなった。

例によって日本仕様はガソリンのAT仕様一択となるが、残念ながら、その組み合わせは現地で試すことができなかった。なので、エンジン、トランスミッションそれぞれの印象をつなぎ合わせて現行型日本仕様との比較を報告したい。
今回、車両重量がC4ピカソで140kg減ったので、計算上は速くなっているはずだが、体感的には変わらず。一方、ディーゼルは最大トルクが37.7kgmもあるので、ガソリンに比べると全域でトルキー。日本に入ってきているプレミアムブランドのディーゼル車ほど遮音にお金は注ぎ込まれてはいないが、振動はよく抑えられている。

現行型と比べて最も大きく異なるのは車体の動き。走行中、前後にも左右にもゆらりゆらりと揺れなくなった。全高が低まっていることからもわかるように、新プラットフォームは低重心が特徴のため、上屋の動きも抑制されている。現行型も速度が上がるにつれて揺れは収まり、欧州車として恥ずかしくない高速安定性を持ち合わせているが、新型は全域でもっとビシッとしていて、お前はドイツ車か! とツッコミたくなる。そうはいっても路面からのハーシュネスに対する処理はソフトで、ぎりぎりやっぱりフランス車かもと思わせる。その前に見た目で絶対フランス車、シトロエンなのだが。

日本導入は2014年秋。日本のディーラーに並ぶのは、映画でいえばこれからクランクインでもおかしくないほど先の話だ。インポーターとの雑談の中で、価格は(7シーター同士を比べると)現行型並みじゃないかという話も出たが、まだ決まってないわけだから中の人だってわからない。

クルマとしての根幹部分は、すべて現行型からきちんと6~7年分進化している。導入まであと1年あるからこそ書いておきたいのは、せっかく12インチの大画面を採用したのだから、日本仕様でもそこへカーナビをうまく表示してほしいし、操作系も本国のままをお願いしたいということ。ファン全員に了承を得たわけではないが、われわれユーザーも、いつまでも呪文のようにハイドロ、ハイドロとないものねだりはやめるので、その代わり、本国が推し進める斬新なインターフェイスなどの新しいシトロエンらしさを日本のユーザーにも存分に味わわせてほしい。

(文=塩見 智/写真=プジョー・シトロエン・ジャポン、塩見 智)

試乗車は「C4ピカソ」が1.6リッター直4ガソリンターボエンジン+6MTという仕様だった。日本では、5人乗り、7人乗りとも「1.6リッターガソリン+6ATの右ハンドル」が販売される予定。
試乗車は「C4ピカソ」が1.6リッター直4ガソリンターボエンジン+6MTという仕様だった。日本では、5人乗り、7人乗りとも「1.6リッターガソリン+6ATの右ハンドル」が販売される予定。 拡大
「グランドC4ピカソ」では新開発の2リッター直4ディーゼルターボに6ATを組み合わせた仕様も試すことができた。最高速は210km/h(欧州仕様のカタログ値)。
「グランドC4ピカソ」では新開発の2リッター直4ディーゼルターボに6ATを組み合わせた仕様も試すことができた。最高速は210km/h(欧州仕様のカタログ値)。 拡大
ヘッドランプの上に配置されるデイタイム・ランニングランプは、日本仕様では光量を落としてアクセサリーランプになるはず。
ヘッドランプの上に配置されるデイタイム・ランニングランプは、日本仕様では光量を落としてアクセサリーランプになるはず。 拡大
インパネ中央のパノラミックHDスクリーンには、3種類の情報を組み合わせて表示することができる。また、新型には、上空から自車を見下ろしているかのような視点の「360ビジョン」モニターも設定される。
インパネ中央のパノラミックHDスクリーンには、3種類の情報を組み合わせて表示することができる。また、新型には、上空から自車を見下ろしているかのような視点の「360ビジョン」モニターも設定される。 拡大
テスト車にはレーダーによる前車追従型クルーズコントロールが備わっていた。これは、アクセルとエンジンブレーキを使って(ブレーキは用いない)加速・減速とも最大25km/hの範囲内で行うもの。また、シートベルトの振動によってドライバーに警告をうながすブラインドスポットモニターも装備されていた。
テスト車にはレーダーによる前車追従型クルーズコントロールが備わっていた。これは、アクセルとエンジンブレーキを使って(ブレーキは用いない)加速・減速とも最大25km/hの範囲内で行うもの。また、シートベルトの振動によってドライバーに警告をうながすブラインドスポットモニターも装備されていた。 拡大
シトロエンC4ピカソ
シトロエンC4ピカソ 拡大

シトロエンC4ピカソ(FF/6MT)/グランドC4ピカソ(FF/6AT)【海外試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

シトロエンC4ピカソ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4428×1826×1613mm
ホイールベース:2785mm
車重:1296kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段MT
最高出力:156ps(115kW)/6000rpm
最大トルク:24.5kgm(240Nm)/1400-4000rpm
タイヤ:(前)205/55R17/(後)205/55R17
燃費:--km/リッター
価格:--万円/テスト車=--円
オプション装備:--
※数値はフランス仕様車のもの。

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

シトロエン・グランドC4ピカソ
シトロエン・グランドC4ピカソ 拡大

シトロエンC4ピカソ(FF/6MT)/グランドC4ピカソ(FF/6AT)【海外試乗記】の画像 拡大

シトロエン・グランドC4ピカソ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4597×1826×1634mm
ホイールベース:2840mm
車重:--kg(未公表)
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼルターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:150ps(110kW)/4000rpm
最大トルク:37.7kgm(370Nm)/2000rpm
タイヤ:(前)205/55R17/(後)205/55R17
燃費:--km/リッター
価格:--万円/テスト車=--円
オプション装備:--
※数値はフランス仕様車のもの。

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

関連キーワード:
C4ピカソシトロエン試乗記

あなたにおすすめの記事