フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT(FF/7AT)

幸福なマリアージュ 2013.10.24 試乗記 エコとスポーツをコンセプトに登場した「ポロ ブルーGT」。エコである「低燃費」とエゴである「走り」は両立し得るのか、高速道路とワインディングロードで確かめた。

いま、「ポロ ブルーGT」を買う理由

現行「ポロ」が登場してはや4年。この間、フォルクスワーゲン・グループは「MQB」なる横置きプラットフォームの新戦略を構築し、新型「ゴルフ」を本年、ついにわが極東の島国に上陸せしめた。うわさ通り、「ゴルフVII」は大いなる衝撃であった。MQBによるコストダウンとクオリティーアップによって、ゴルフクラスのスタンダードを完全に書き換えた。これまでの「ゴルフVI」だって、ライバルとは一線を画したできばえだった。それがゴルフVIIになると、ゴルフ以外のクルマは思い浮かばないぐらい孤高の存在になった。249万円で、完璧なコンパクトカーが手に入る。「ゴルフクラスはゴルフだけクラスになるだろう」。ある雑誌はゴルフVIIを評してそう書いた。書いたのは私ですけど。

そのような状況のなかで、「ポロ ブルーGT」、263万円は日本に姿を現した。「ポロGTI」318万円と、「ポロTSIハイライン」246万円の狭からぬ隙間に投入されるモデルとして。しかしながら、これではゴルフVIIを買ってなお、おつりが来る価格ではないか? いったい、ゴルフのカタチをした「ベントレー」、というのは大げさに過ぎるとしても、プレミアムカー並みのクオリティーを持つゴルフVIIが登場しているいま、ポロ ブルーGTを買う理由がいずこにあるのか? なるほど現行ポロは、デビュー当時はすばらしいクルマだった。けれど、ゴルフVIIが出てしまった以上、MQB化された次期ポロが出るまでは、アウト・オブ・デート、アウト・オブ・眼中と断ずるほかない、と私はさほど期待を抱かずにブルーGTのコックピットに収まった。

ブルーGTは、ポロに「ゴルフTSIハイライン」用のパワートレインを組み込み、GTI風の化粧を内外装に施したモデルである。1.4リッター直4 DOHCターボは最高出力140psと最大トルク25.5kgmを発生する。一方、ポロGTI の1.4リッター直4 DOHCターボは179psといっそうパワフルで、ブルーGT用とはボア×ストロークからして異なる。ブルーGT(ゴルフ ハイライン)用は74.5×80mmのロングストローク型、GTI用は76.5×75.6mmのショートストローク型で、明瞭に性格分けがされている。ビュンビュン回すならショートストローク、トルク重視ならロングストローク。ダウンサイジングという革新的な技術を導入する一方、おさえるべき基本はちゃんとおさえている。理屈が合っているところが気持ちよい。

フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT(FF/7AT)【試乗記】の画像
「ポロ ブルーGT」に搭載されるエンジンは「ゴルフTSIハイライン」と同型の1.4リッター直4
ターボ。気筒休止システム「ACT」を備え、140psと25.5kgを発生する。
「ポロ ブルーGT」に搭載されるエンジンは「ゴルフTSIハイライン」と同型の1.4リッター直4
    ターボ。気筒休止システム「ACT」を備え、140psと25.5kgを発生する。
GTエンブレムが付与されたレザー3本スポークステアリングホイールは「ブルーGT」の専用デザイン。
GTエンブレムが付与されたレザー3本スポークステアリングホイールは「ブルーGT」の専用デザイン。

フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT(FF/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る