第234回:ジュネーブモーターショー開幕直前緊急企画 自動車版「忘れな草をあなたに」

2012.03.02 エッセイ

第234回:ジュネーブモーターショー開幕直前緊急企画自動車版「忘れな草をあなたに」

大メーカーよりも……

2012年ジュネーブモーターショーが3月8日から一般公開される。それに先立つ報道関係者公開日では、今回も各メーカーが気合を入れたブリーフィングを行うとみられる。しかし、どのメーカーも不利な数字は口に出さない。「欧州の○国と△国の販売は前年比50%増」といったスポット的成功を強調したり、さもなくば中国やインドをはじめとする新興国での躍進を表に出したりするのだ。
それを聞くたび、「ああ、亡き親の言っていた大本営発表とはこんなものだったのだろうな」と思う。

いっぽう毎回ジュネーブショーでボクが妙にそそられるのは、大メーカーや著名カロッツェリア以外の小工房による展示である。そうした小さい工房がジュネーブでクルマを発表するのには三つの理由がある。一つはイタリアのカロッツェリアが全盛期に、地理的に近く、かつトリノより国際的なジュネーブを発表の場としていたこと。二つ目に、これも地理的に欧州の中心ゆえ、各国関係者の目に触れやすいこと。三つ目は高価格車の場合、世界の富裕層が「世界に数少ないクルマ」を求めて訪れるので、これまた目にとどめてもらいやすいことだ。

そこで今回はボクのアルバムから、ここ10年のジュネーブショーで記憶に残っている、有名メーカー/カロッツェリア以外の展示車をピックアップしてみた。できれば「いつまでも〜 いつまでも〜 おぼえておいてほしいから〜♪」で始まる歌謡曲「忘れな草をあなたに」をBGMにお楽しみいただきたい。

2004年 DCデザイン「GO」。
2004年 DCデザイン「GO」。
2003年 DCデザイン「ガイア」。
2003年 DCデザイン「ガイア」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。