ルノー・カングー ゼン(FF/4AT)

自分のペースで行く人へ 2013.11.05 試乗記 乗る者にとっての気持ちよさとは何だろう? 運転する者にとっての心地よさとは何だろう? 顔が変わった「ルノー・カングー」には、その答えがよりいっそう鮮明なカタチで宿っていた。上級グレードの「ゼン」に試乗した。

ファン・トゥ・ドライブ!

「ルノー・カングー」が、ニューカングーと呼ばれる今のII型になって初めてのマイナーチェンジを受けた。ディーゼルエンジンを搭載するモデルは本国仕様には存在し、日本市場でも期待されているのに、今回も導入が見送られた。「なーんだ、顔が変わっただけか……」とガッカリした人もいるかもしれないが、実際にはいろいろ細かなところにも改良が加えられたらしい。なにはともあれ、乗って試してみよう。

大柄なボディーはお顔の化粧直しによって一層派手な印象を強めたが、それに負けないくらい活発な走りも見せる。1460kgの重量に対して105psの1.6リッターエンジンは、数字の上ではさほど速そうには思えない。
しかし、実際には道の流れをリードすることも可能だ。最近の都会の流れはハイブリッド車などモーター発進のトロトロ走りが主流だ。そんな環境下では4段ATの分散したギア比でも、2000rpm以下に保った緩加速で十分、流れの先頭に立てる。
また、今何速に入っているのかもわからないような多段ATよりも、明確にギアポジションが頭の中に入ってきて、少なくとも機械に操られ、乗せられているのではなく、自分でコントロールしているという実感が得られる。

最近の傾向として、エンジン回転をあまり上下させない。ギアを使って速度を変化させるのが現代流だ。ギア比を細分化して効率よく加速させると、燃費にはイイかもしれないが、スロットルを加減して加速する昔ながらの感覚は薄くなる。
確かに燃費は重要であり、ソコを否定するつもりはない。しかし、知らぬ間に速度が出ているよりも、自分ですべてを掌握している方が、クルマを自分の意思で動かしているという自覚がもてるというものだ。
燃費を稼ぐチャンスは、都市部ではなくもっと他のステージでいくらでもある。渋滞の中で発進・停止を繰り返すような状況では、燃費に差があるといっても、それはクルマそのものの差より走行条件の差により大きく依存するからだ。

2代目「カングー」のデビューは2007年(日本での発売は2009年)。以来何度か「マイナーチェンジ」してきたが、2013年3月のジュネーブショーで発表された現行型が、登場以来、最も大きな変更を受けたモデルといえる。日本での発売は2013年8月29日。


	2代目「カングー」のデビューは2007年(日本での発売は2009年)。以来何度か「マイナーチェンジ」してきたが、2013年3月のジュネーブショーで発表された現行型が、登場以来、最も大きな変更を受けたモデルといえる。日本での発売は2013年8月29日。
マイナーチェンジとともにグレード体系が見直され、装備が充実した「ゼン」(写真)と、ベーシックな「アクティフ」の2本立てに。いずれも4ATのみで、従来あった5MT仕様は姿を消した。
マイナーチェンジとともにグレード体系が見直され、装備が充実した「ゼン」(写真)と、ベーシックな「アクティフ」の2本立てに。いずれも4ATのみで、従来あった5MT仕様は姿を消した。
1.6リッター直4ガソリンエンジンは、従来型と同じ105psと15.1kgmを発生する。
1.6リッター直4ガソリンエンジンは、従来型と同じ105psと15.1kgmを発生する。
「ゼン」(写真)と「アクティフ」の外観上の違いはバンパーなどの色。フロントおよびリアバンパーが、ゼンだとボディー同色になるのに対して、アクティフではブラックになる。
「ゼン」(写真)と「アクティフ」の外観上の違いはバンパーなどの色。フロントおよびリアバンパーが、ゼンだとボディー同色になるのに対して、アクティフではブラックになる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る