ボルボS60 T4 R-DESIGN(FF/6AT)/V60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)

緩急自在のスカンジナビアンスポーツ 2013.10.30 試乗記 エクステリアに大きな変更を受けたばかりのボルボの「60シリーズ」に、早速スポーティーな内外装や足まわりが与えられた「R-DESIGN」グレードが加わった。その中から、1.6リッター直4ターボを搭載する「S60 T4」と、3リッター直6ターボに4WDを組み合わせた「V60 T6 AWD」を箱根で試した。

大人のための“レーシング”モデル

「R-DESIGN」とはうまくネーミングしたものだ。「S」ではなく「R」なのもいい。ボルボによると、「R」には「Refinement」(洗練)の意を込めているそうだが、「Racing」のイメージを重ねてしまうのは筆者だけではないだろう。
そんなR-DESIGNは、レーシングの響きに沿う実力を秘めているものの、スパルタンなイメージは皆無だ。また、荒々しさともまったく無縁である。それらはDESIGNという言葉によって、まろやかなオブラートで包まれている。

ちまたには、レーシングカーをイメージした改造車風味の車はたくさんある。でも、それらは概して下品だ。車高を落とし、太いタイヤを見せびらかして、オーバーフェンダー風にボディーパネルまで広げてある。
それに対してR-DESIGNは、スカンジナビアンデザインの神髄ともいえる、もっとスマートで洗練されたスタイルでまとめられており、サラーッとシンプルにして嫌みがない。内装の革の使い方にしても、高級感こそあれ、無用に華美ではない。

しかし、それら目に見える部分は、ドライバーにとってあくまで「受動的なデザイン」でしかない。デザインされたものに乗せられているにすぎないからだ。そうではなく、自分の意思でつくり出す「能動的なデザイン」にするのは、ドライビングにほかならない。
一見、ノーマルのボルボとそう変わらない風体ながら、R-DESIGNの名を持つモデルはサーキットでのスポーツ走行もこのままでこなせる。また、ヒトがこない山奥や、前後に車のいない地方国道などでは、ちょっとイケナイような速度まで、瞬時に味わってみようかという気にもさせる。
R-DESIGNは、あくまでも紳士的で礼節をわきまえる人がドライビングをデザインするとお似合いのボルボである。ごく通常の世俗的な走行では、まったく平静を装っていられる。

標準モデルのフェイスリフトに併せ、「R-DESIGN」もリニューアルされた。発売は10月25日。今回試乗した「S60」と「V60」のほか、「XC60」にも同時に用意されている。
標準モデルのフェイスリフトに併せ、「R-DESIGN」もリニューアルされた。発売は10月25日。今回試乗した「S60」と「V60」のほか、「XC60」にも同時に用意されている。
専用のステアリングホイールが装着されるほか、デジタル液晶メーターにも専用のモード(エレガンス)が用意されている(写真は「S60 T4 R-DESIGN」)。
専用のステアリングホイールが装着されるほか、デジタル液晶メーターにも専用のモード(エレガンス)が用意されている(写真は「S60 T4 R-DESIGN」)。
表皮が本革とパーフォレーテッド(穴あき)レザーのコンビネーションとなるスポーツシートが標準で装着される。オプションで、ヌバック×テキスタイル×パーフォレーテッドレザも選択できる。
表皮が本革とパーフォレーテッド(穴あき)レザーのコンビネーションとなるスポーツシートが標準で装着される。オプションで、ヌバック×テキスタイル×パーフォレーテッドレザも選択できる。
リアシートは60:40可倒式。シートのほか、ドアトリム、フロントアームレスト、ステアリングなどにも、明るい色のステッチが施される。
リアシートは60:40可倒式。シートのほか、ドアトリム、フロントアームレスト、ステアリングなどにも、明るい色のステッチが施される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)NEW 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
ホームへ戻る