ボルボS60 T4 R-DESIGN(FF/6AT)/V60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)

緩急自在のスカンジナビアンスポーツ 2013.10.30 試乗記 エクステリアに大きな変更を受けたばかりのボルボの「60シリーズ」に、早速スポーティーな内外装や足まわりが与えられた「R-DESIGN」グレードが加わった。その中から、1.6リッター直4ターボを搭載する「S60 T4」と、3リッター直6ターボに4WDを組み合わせた「V60 T6 AWD」を箱根で試した。

大人のための“レーシング”モデル

「R-DESIGN」とはうまくネーミングしたものだ。「S」ではなく「R」なのもいい。ボルボによると、「R」には「Refinement」(洗練)の意を込めているそうだが、「Racing」のイメージを重ねてしまうのは筆者だけではないだろう。
そんなR-DESIGNは、レーシングの響きに沿う実力を秘めているものの、スパルタンなイメージは皆無だ。また、荒々しさともまったく無縁である。それらはDESIGNという言葉によって、まろやかなオブラートで包まれている。

ちまたには、レーシングカーをイメージした改造車風味の車はたくさんある。でも、それらは概して下品だ。車高を落とし、太いタイヤを見せびらかして、オーバーフェンダー風にボディーパネルまで広げてある。
それに対してR-DESIGNは、スカンジナビアンデザインの神髄ともいえる、もっとスマートで洗練されたスタイルでまとめられており、サラーッとシンプルにして嫌みがない。内装の革の使い方にしても、高級感こそあれ、無用に華美ではない。

しかし、それら目に見える部分は、ドライバーにとってあくまで「受動的なデザイン」でしかない。デザインされたものに乗せられているにすぎないからだ。そうではなく、自分の意思でつくり出す「能動的なデザイン」にするのは、ドライビングにほかならない。
一見、ノーマルのボルボとそう変わらない風体ながら、R-DESIGNの名を持つモデルはサーキットでのスポーツ走行もこのままでこなせる。また、ヒトがこない山奥や、前後に車のいない地方国道などでは、ちょっとイケナイような速度まで、瞬時に味わってみようかという気にもさせる。
R-DESIGNは、あくまでも紳士的で礼節をわきまえる人がドライビングをデザインするとお似合いのボルボである。ごく通常の世俗的な走行では、まったく平静を装っていられる。

標準モデルのフェイスリフトに併せ、「R-DESIGN」もリニューアルされた。発売は10月25日。今回試乗した「S60」と「V60」のほか、「XC60」にも同時に用意されている。
標準モデルのフェイスリフトに併せ、「R-DESIGN」もリニューアルされた。発売は10月25日。今回試乗した「S60」と「V60」のほか、「XC60」にも同時に用意されている。
専用のステアリングホイールが装着されるほか、デジタル液晶メーターにも専用のモード(エレガンス)が用意されている(写真は「S60 T4 R-DESIGN」)。
専用のステアリングホイールが装着されるほか、デジタル液晶メーターにも専用のモード(エレガンス)が用意されている(写真は「S60 T4 R-DESIGN」)。
表皮が本革とパーフォレーテッド(穴あき)レザーのコンビネーションとなるスポーツシートが標準で装着される。オプションで、ヌバック×テキスタイル×パーフォレーテッドレザも選択できる。
表皮が本革とパーフォレーテッド(穴あき)レザーのコンビネーションとなるスポーツシートが標準で装着される。オプションで、ヌバック×テキスタイル×パーフォレーテッドレザも選択できる。
リアシートは60:40可倒式。シートのほか、ドアトリム、フロントアームレスト、ステアリングなどにも、明るい色のステッチが施される。
リアシートは60:40可倒式。シートのほか、ドアトリム、フロントアームレスト、ステアリングなどにも、明るい色のステッチが施される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る