ポルシェ・パナメーラ4S(4WD/7AT)

ドライバーズサルーンの白眉 2013.11.04 試乗記 マイナーチェンジを機に、大幅なダウンサイジングが実施された「パナメーラ4S」に試乗。ポルシェが放つ4ドア4シーターモデル、その走りはどう変わった?

効率的に、より速く

ポルシェには、偉大過ぎるスポーツカーの「911」シリーズと、もはや「911にかなわないのはヒストリーだけ」になりつつある「ボクスター」「ケイマン」という特別なプロダクトが存在するだけに、どうしても「パナメーラ」と「カイエン」は彼らの世過ぎのため……といった印象を拭えない。今ではすっきりと巨大なフォルクスワーゲングループの一員なんだから、そういうのは大規模なフォルクスワーゲン/アウディに任せ、“wrong end”と“right place”にエンジンを置くスポーツカーたちとモータースポーツに専念していただきたい。
個人的にはそう思うが、それはそれとして新しい「パナメーラ4S」に乗った。

ところで、パワーと燃費の両方が向上したとしても、V8がV6になることには抵抗がある、と考える人がどれくらいいるだろうか――というのが、ここのところプレミアムブランドが頭を悩ませる問題だったが、なんだか大丈夫そうなので、おおかたのブランドが切り替えを済ませた。ポルシェも、慎重にV8(GTS)を残しつつ、パナメーラSおよび4SのエンジンをV8からV6ツインターボに切り替えた。

もちろん、切り替えに際しての事実上の条件である“効率向上”は抜かりなし。最高出力は20ps増しの420ps/6000rpm、最大トルクは2.9kgm増しの52.0kgm/1750-5000rpmと、きちんと性能アップしている。しかも、どちらもより低い回転数および回転域でピークに達することからもわかるように、“速さ”を取り出しやすいはずだ。

「パナメーラ」は、ポルシェ初の4ドア4シーターとして2009年3月にデビュー。4年後の今春、仕様変更を受けた最新型が発売された。
「パナメーラ」は、ポルシェ初の4ドア4シーターとして2009年3月にデビュー。4年後の今春、仕様変更を受けた最新型が発売された。
レザーがふんだんに使われるツートンカラーのインテリアは、73万3000円のオプション。
レザーがふんだんに使われるツートンカラーのインテリアは、73万3000円のオプション。
これまでの4.8リッターV8自然吸気エンジンに替えて採用された、3リッターV6ターボ。アウトプット、燃費値ともに向上している。
これまでの4.8リッターV8自然吸気エンジンに替えて採用された、3リッターV6ターボ。アウトプット、燃費値ともに向上している。
コンビランプやバンパーの形状があらためられた、リアまわり。そのほか、リアハッチを開閉するボタンの位置も変更された。
コンビランプやバンパーの形状があらためられた、リアまわり。そのほか、リアハッチを開閉するボタンの位置も変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る