馬があしらわれたロールス・ロイス、限定発売

2013.10.21 自動車ニュース
「マジェスティック・ホース・コレクション」のディテール。写真はフェンダー部分。
「マジェスティック・ホース・コレクション」のディテール。写真はフェンダー部分。
    拡大

馬があしらわれた「ロールス・ロイス ゴースト」、限定発売

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2013年10月21日、「ロールス・ロイス ゴースト」のビスポークモデル「マジェスティック・ホース・コレクション」を発表した。

今回の「マジェスティック・ホース・コレクション」は、アジア地域におけるビスポークプログラム(=オーナーが自らの好みに合わせてオリジナルのロールス・ロイスを仕立てるオーダーシステム)の需要拡大を受けて、制作されるもの。
2014年が十二支の午(うま)年に当たることを記念して、ダッシュボードの木象眼細工やヘッドレストとクッションの刺しゅうなど、内外装の各所に、馬をモチーフにした飾り付けが施されている。

このマジェスティック・ホース・コレクションは、台数限定で生産され、2014年の第2四半期以降に納車される予定だという。

(webCG)

関連キーワード:
ゴーストロールス・ロイスロールスロイス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る