第209回:「頂点」の名を持つタイヤ ブリヂストンの新スタッドレス「ブリザックVRX」を試す

2013.10.25 エッセイ

ブリヂストンの新スタッドレスタイヤ「ブリザックVRX」がデビュー。ブリザックブランドの誕生から25年、同社が「ブリザック史上最高性能を実現した」とうたう新商品の出来栄えを、北海道・士別での試乗会で確かめた。

北国で4割を超える装着率

スタッドレスタイヤの試乗会は数々あれど、そのなかで序列のようなものが自然と決まってしまう傾向は否めない。この序列において何が大切かといえば、まずは新製品であることだ。

スタッドレスタイヤは3~5年に1度くらいの割合でモデルチェンジするのが一般的で、新製品が毎年投入されるとは限らない。というわけで、タイヤメーカーのなかには昨年デビューした製品や一昨年に登場した製品で試乗会を開くケースもある。もっとも、こういった試乗会では製品に用いられた技術をより深く掘り下げたり、いつもとは違った角度から紹介したりするので製品知識は深まるけれど、毎年のように新技術が登場するタイヤ業界において、最新モデルでないという引け目は依然として残る。したがって、序列としてはどうしても下位に置かれてしまう。

同じ新製品同士で比べれば、やはり定評ある大メーカーの試乗会のほうが上位にくる。彼らは、豊富な開発リソースと潤沢な資金を背景として、中小メーカーにはなかなか手が出せない大胆な新技術を投入することが多いからだ。
また、一般的にいって大メーカーの製品は市場でのシェアが高いので、より多くのユーザーが購入することになる。したがって、こうしたメーカーが主催する試乗会により多くの注目が集まるのも、やむを得ないことといえるだろう。

こう考えていくと、北海道・北東北の主要5都市で44.3%という高い装着率を誇るというブリヂストンの「BLIZZAK(ブリザック)」は、スタッドレスタイヤ試乗会の序列のなかでも一、二を争うほど重要なものといえる。
実際、今回は腕利きで知られる“あのジャーナリスト”や、理論派で知られる“そのジャーナリスト”たちが多数出席。試乗会場は一種ものものしい雰囲気に包まれていたのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ