ホンダから軽のミドシップスポーツカー登場【東京モーターショー2013】

2013.10.23 自動車ニュース
「ホンダS660コンセプト」
「ホンダS660コンセプト」

【東京モーターショー2013】ホンダから軽のミドシップスポーツカー登場

本田技研工業は2013年10月23日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)で、「ホンダS660コンセプト」を世界初公開すると発表した。

S660コンセプトは、660ccのエンジンをキャビンの後ろに搭載した、ミドシップの軽オープンスポーツモデルである。

エクステリアデザインは、最新のホンダのデザインコンセプトである「エキサイティングHデザイン!!!」にのっとったもので、ボディー後方へと勢いよく切れ上がるキャラクターラインや、ヘッドレスト後方から伸びるリアフード、グリルと一体となったヘッドランプとテールランプの造形などが特徴となっている。

一方インテリアでは、ドライバーがよりドライビングに集中できる空間をテーマにインターフェイスを開発。メーターフードにインジケーターを装備したり、エアコンやサイドミラーなどのコントローラーにタッチパッドを採用したりと、斬新な試みを随所に取り入れている。

また、運転席と助手席とで濃淡の異なるグレーのスポーツシートを装備。ステアリングホイールやドアトリムなどにはカーボン素材を使用している。

(webCG)

→関連ニュース
→「ホンダS660コンセプト」のより詳細な写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る