ホンダから軽のミドシップスポーツカー登場【東京モーターショー2013】

2013.10.23 自動車ニュース
「ホンダS660コンセプト」
「ホンダS660コンセプト」

【東京モーターショー2013】ホンダから軽のミドシップスポーツカー登場

本田技研工業は2013年10月23日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)で、「ホンダS660コンセプト」を世界初公開すると発表した。

S660コンセプトは、660ccのエンジンをキャビンの後ろに搭載した、ミドシップの軽オープンスポーツモデルである。

エクステリアデザインは、最新のホンダのデザインコンセプトである「エキサイティングHデザイン!!!」にのっとったもので、ボディー後方へと勢いよく切れ上がるキャラクターラインや、ヘッドレスト後方から伸びるリアフード、グリルと一体となったヘッドランプとテールランプの造形などが特徴となっている。

一方インテリアでは、ドライバーがよりドライビングに集中できる空間をテーマにインターフェイスを開発。メーターフードにインジケーターを装備したり、エアコンやサイドミラーなどのコントローラーにタッチパッドを採用したりと、斬新な試みを随所に取り入れている。

また、運転席と助手席とで濃淡の異なるグレーのスポーツシートを装備。ステアリングホイールやドアトリムなどにはカーボン素材を使用している。

(webCG)

→関連ニュース
→「ホンダS660コンセプト」のより詳細な写真はこちら
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 「ホンダS660 αブルーノレザーエディション」フォトギャラリー 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」に、特別なボディーカラーやインテリアなど“大人の魅力”を加えた特別仕様車「ブルーノレザーエディション」が登場。ジャズブラウンのレザーで飾られたインテリアや、スポーツドライビングを可能にする各種装備、さらに、風を求めて都心から鎌倉の海を目指したドライブの様子を写真で紹介する。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る