BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)

クーペの王道 2013.10.27 試乗記 「BMW 3シリーズ」からクーペが分家して「4シリーズクーペ」へ。BMWクーペの王道をいくスリークなスタイリングをまとった新しい2ドアクーペの走りやいかに? 2リッター直4ターボエンジンを搭載する「428iクーペ」に試乗した。

「3」から「4」へステップアップ

サーキットで1000分の1秒を競い合うマシンなら、多少カッコ悪くても文句はいわないが、ひとりのクルマ好きとしてクーペを選ぶときはデザイン抜きで考えることなど無理な話。どんなに速くても、不細工なクーペには乗りたくない。気持ちのいい走りとスタイリッシュなデザインの両方がそろってこそ、食指が動くというものだ。その点、この「BMW 4シリーズクーペ」は、“芸術点”は余裕で合格ラインをクリア。洗練されたスタイルに仕上がっている。

ご存じのとおり、新登場の4シリーズは、F30系「3シリーズセダン」がベースのクーペで、先代までは「3シリーズクーペ」として用意されてきたものが、現行型からセダン系は3シリーズ、クーペ系が4シリーズに独立した格好だ。そこには、4シリーズは3シリーズの延長ではなく、ワンランク上のモデルシリーズであることをアピールしたいBMWの意図が表れている。3シリーズに対して、さらにパフォーマンスと美しさを高めたのが4シリーズ……というのが彼らの主張である。

3シリーズクーペの時代でも、セダンとクーペではボディーパネルをつくり分けていたBMWであるが、4シリーズになって明らかにその存在感が強まっているのは彼らの狙いどおり。3シリーズセダンに対して全幅が25mm広く、全高が65mm低くなったボディーは、真正面からの眺めこそそっくりだが、じっくり見るとワイド感が強調されているし、それ以外の角度からなら「これぞクーペ!」といわんばかりの美しいプロポーションを見せつけられる。イタリア車のようなセクシーさはないが、この端正さがドイツ車ファンにはたまらない!

さらに、フロントフェンダーの「エア・ブリーザー」やオプションのアダプティブLEDヘッドライトなど、3シリーズセダンにはないアイテムを手に入れて、4シリーズのスペシャル感をしっかりとアピールしているところがうまい。

では、“技術点”、すなわち、走りはどうか?

現時点でのラインナップは「428iクーペ」と「435iクーペ」の2種。欧州にはxDrive(4WD)仕様もある。また今後「420iクーペ」(2リッターガソリン)などが追加されることも、欧州ではすでに明らかにされている。
現時点でのラインナップは「428iクーペ」と「435iクーペ」の2種。欧州にはxDrive(4WD)仕様もある。また今後「420iクーペ」(2リッターガソリン)などが追加されることも、欧州ではすでに明らかにされている。
従来の「3シリーズクーペ」と比較して、より低く(-25mm)、より幅広い(+45mm)堂々たるクーペプロポーションを得た。
従来の「3シリーズクーペ」と比較して、より低く(-25mm)、より幅広い(+45mm)堂々たるクーペプロポーションを得た。
インパネは「3シリーズセダン」のデザインを踏襲する。試乗車はエレガントさを強調した「ラグジュアリー」仕様。ファインライン・アンスラサイト(チャコールグレー)のウッドトリムと、パールグロスクロムのハイライトで彩られる。
インパネは「3シリーズセダン」のデザインを踏襲する。試乗車はエレガントさを強調した「ラグジュアリー」仕様。ファインライン・アンスラサイト(チャコールグレー)のウッドトリムと、パールグロスクロムのハイライトで彩られる。
フロントフェンダーには「3シリーズ グランツーリスモ」にも見られる「エア・ブリーザー」が設けられた。前ホイールハウスに流れ込む空気を排出することにより、ホイール周辺で発生する乱気流を抑え、空気抵抗を減少させる働きを持つ。
フロントフェンダーには「3シリーズ グランツーリスモ」にも見られる「エア・ブリーザー」が設けられた。前ホイールハウスに流れ込む空気を排出することにより、ホイール周辺で発生する乱気流を抑え、空気抵抗を減少させる働きを持つ。
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 「BMW M2クーペ」に6段MT仕様が登場 2016.10.25 自動車ニュース BMWが3リッター直6ターボエンジンを搭載した高性能スポーツクーペ「M2クーペ」に6段MT仕様を設定し、予約受け付けを開始した。価格は7段デュアルクラッチAT仕様より25万円低い768万円。納車については2017年1月からの予定となっている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る