ダイハツ・タントカスタムRS“SA”(FF/CVT)/タントX“SA”(FF/CVT)

フツーに、いいクルマ 2013.10.29 試乗記 「普通車よりも広い軽乗用車」の先駆けである「ダイハツ・タント」が、3代目にフルモデルチェンジ。ノーマルの自然吸気モデルとカスタムのターボモデルの試乗を通して、その出来栄えをチェックした。

先代は真っすぐ走らなかった

幸いなことにというべきか、先代「ダイハツ・タント」は比較的最近、運転した。例えば今年(2013年)の2月。その時点で発表前の某新型車を運転しにいくために――もっというとそれと比較するためのクルマとして――静岡県の浜松の方まで運転していった。先代タント、簡単にいうと、真っすぐ走るのが苦手なクルマだった。80km/hを超えたあたりからはビミョーに蛇行みたいな感じになった。ウネウネくねくねと。で、「いくらなんでもこれは……」。

今度のに関して、そういう心配はどうやらなさそうである。だいぶ、ちゃんと走る。フツーに運転できる。で聞いてみたところ、お客さまからの不満の声に応えた結果だという。「“高速道路でフラつく”というのがあったんです」。今度のタントは3代目。自転車積み込み上等系軽乗用車のイッパツ目だった最初のタントはビックリするくらいちゃんと走るクルマだったから、その意味ではV字回復といえなくもない。少なくとも、折り返して上向きになっているのは間違いない。
「スズキ・スペーシア」のようにちゃんと走る軽、というかガチ競合車がいまはあるのだから、これぐらいにはなっていないと……のレベルは、少なくとも超えている。そこそこかもっといいセンいっている、といってもいいかもしれない。これよりもっとナニかを言うためには高速道路もちゃんと走ってみないといけないので、言いません。

黒を基調とした「ダイハツ・タントカスタムRS“SA”」のインテリア。メッキのリムを備えた3眼式のメーターは、「カスタム」シリーズの専用装備だ。
黒を基調とした「ダイハツ・タントカスタムRS“SA”」のインテリア。メッキのリムを備えた3眼式のメーターは、「カスタム」シリーズの専用装備だ。

車内空間は、室内長などの寸法だけでなく、ルーフの前端からドライバーの頭部までの距離や、ヘッドクリアランスなど、「実際に乗った人が広さを感じるポイント」も重視して設計したという。


	車内空間は、室内長などの寸法だけでなく、ルーフの前端からドライバーの頭部までの距離や、ヘッドクリアランスなど、「実際に乗った人が広さを感じるポイント」も重視して設計したという。
プリクラッシュブレーキやAT誤発進抑制制御などからなる「スマートアシスト」の赤外線センサー。新型「タント/タントカスタム」では、すべてのグレードで選択することができる。
プリクラッシュブレーキやAT誤発進抑制制御などからなる「スマートアシスト」の赤外線センサー。新型「タント/タントカスタム」では、すべてのグレードで選択することができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る