新ボルボS60/V60/XC60にスポーティーグレード

2013.10.25 自動車ニュース
「ボルボS60 T4 R-DESIGN」
「ボルボS60 T4 R-DESIGN」

新型「ボルボS60/V60/XC60」のスポーティーグレード発売

ボルボ・カー・ジャパンは、「S60」「V60」「XC60」の3車種それぞれにスポーティーグレード「R-DESIGN」を設定し、2013年10月25日に発売した。

「V60 T6 AWD R-DESIGN」
「V60 T6 AWD R-DESIGN」
「XC60 T5 R-DESIGN」
「XC60 T5 R-DESIGN」

「R-DESIGN」は、スポーティーな内外装や足まわりが与えられた、ボルボのスペシャルモデル。日本では2008年から、さまざまな車種に設定されている。
今回ローンチされたのは、外装の大幅な変更と安全装備の強化を経て2013年8月に発売された、最新型「S60」「V60」「XC60」の“R-DESIGNバージョン”で、以下の装備が主たる特徴となっている。

【専用エクステリア】
・エンブレム付きフレームレスブラックフロントグリル
・LEDポジショニングランプ付き専用フロントバンパー
・専用シルクメタル調のドアミラーカバー
・サイドウィンドウのクロムトリム(S60/V60)
・スペシャルデザインアルミホイール(S60/V60 T4 R-DESIGNは“Ixion”18インチホイール、S60/V60 T6 AWD R-DESIGNは“IxionII”19インチホイール、XC60 T5 R-DESIGN/T6 AWD R-DESIGNは“IxionII”20インチホイール)
・専用ディフューザー付きリアバンパー
・デュアルスポーツテールパイプ

【専用インテリア】
・本革×パーフォレーテッドレザーのコンビネーションシート(フロントシートバックにR-DESIGNのロゴ刺しゅう入り)
・本革巻き×シルクメタルのステアリングホイール
・モード選択式(Elegance、Eco、Performance)の専用デジタル液晶メーターパネル
・専用フローティングセンタースタック(アルミニウムパネル)
・専用フロントドアスカッフプレート
・専用スポーツペダル
・専用フロアマット
・チャコールカラーのヘッドライナー

【装備、仕様】
・専用スポーツサスペンション
・セーフティパッケージ(「T6 AWD R-DESIGN」に標準装備)
・フロントパワーシート
・RTI(HDDナビゲーションシステム、VICS3、12セグ地上デジタルテレビ)

価格は以下の通り。
・S60 T4 R-DESIGN:464万円
・S60 T6 AWD R-DESIGN:619万円
・V60 T4 R-DESIGN:484万円
・V60 T6 AWD R-DESIGN:639万円
・XC60 T5 R-DESIGN:584万円
・XC60 T6 AWD R-DESIGN:699万円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る