新ボルボS60/V60/XC60にスポーティーグレード

2013.10.25 自動車ニュース
「ボルボS60 T4 R-DESIGN」
「ボルボS60 T4 R-DESIGN」

新型「ボルボS60/V60/XC60」のスポーティーグレード発売

ボルボ・カー・ジャパンは、「S60」「V60」「XC60」の3車種それぞれにスポーティーグレード「R-DESIGN」を設定し、2013年10月25日に発売した。

「V60 T6 AWD R-DESIGN」
「V60 T6 AWD R-DESIGN」
「XC60 T5 R-DESIGN」
「XC60 T5 R-DESIGN」

「R-DESIGN」は、スポーティーな内外装や足まわりが与えられた、ボルボのスペシャルモデル。日本では2008年から、さまざまな車種に設定されている。
今回ローンチされたのは、外装の大幅な変更と安全装備の強化を経て2013年8月に発売された、最新型「S60」「V60」「XC60」の“R-DESIGNバージョン”で、以下の装備が主たる特徴となっている。

【専用エクステリア】
・エンブレム付きフレームレスブラックフロントグリル
・LEDポジショニングランプ付き専用フロントバンパー
・専用シルクメタル調のドアミラーカバー
・サイドウィンドウのクロムトリム(S60/V60)
・スペシャルデザインアルミホイール(S60/V60 T4 R-DESIGNは“Ixion”18インチホイール、S60/V60 T6 AWD R-DESIGNは“IxionII”19インチホイール、XC60 T5 R-DESIGN/T6 AWD R-DESIGNは“IxionII”20インチホイール)
・専用ディフューザー付きリアバンパー
・デュアルスポーツテールパイプ

【専用インテリア】
・本革×パーフォレーテッドレザーのコンビネーションシート(フロントシートバックにR-DESIGNのロゴ刺しゅう入り)
・本革巻き×シルクメタルのステアリングホイール
・モード選択式(Elegance、Eco、Performance)の専用デジタル液晶メーターパネル
・専用フローティングセンタースタック(アルミニウムパネル)
・専用フロントドアスカッフプレート
・専用スポーツペダル
・専用フロアマット
・チャコールカラーのヘッドライナー

【装備、仕様】
・専用スポーツサスペンション
・セーフティパッケージ(「T6 AWD R-DESIGN」に標準装備)
・フロントパワーシート
・RTI(HDDナビゲーションシステム、VICS3、12セグ地上デジタルテレビ)

価格は以下の通り。
・S60 T4 R-DESIGN:464万円
・S60 T6 AWD R-DESIGN:619万円
・V60 T4 R-DESIGN:484万円
・V60 T6 AWD R-DESIGN:639万円
・XC60 T5 R-DESIGN:584万円
・XC60 T6 AWD R-DESIGN:699万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る